ファチマ・クルーセイダー

ロシアの奉献は不可欠である

The Fatima Crusader Issue 84, Winter 2006

ポール・コアライ司教、レソト司教区

私は多くの理由でここに来ました。なぜなら私はこの運動のために祈っており、そして聖母の霊的な恵みを通じて癒されたからです。ですから、私は聖母に感謝しなければなりません。

ところで奉献の問題についてです。私はわれわれが同意したものに戻るべきであると求めるでしょう。聖母によって求められた奉献について話すならば、聖母は一つのことをお求めになりました:すなわち、ロシアの奉献です。他の国々については何も間違ったことがあるのではありませんが、しかし不可欠である主たる奉献はロシアの奉献です。そうでないならばわれわれは聖母がお求めになっていることを達成することはないでしょう。

私にとってロシアの奉献はあらゆる事柄の鍵です。他の諸々の事柄もあり得るでしょうが、しかしわれわれは聖母がロシアの奉献をお求めになっているということを見失ってはなりません。他の諸々の奉献があるべきだということに私は同意しません。他の諸々の奉献は第二次的なものであるべきです。私の主眼点はこうです:すなわち、われわれはロシアの奉献を強く要求すべきである、ということです。そしてそのことの諸々の理由があります。他の国々においては諸々の困難があるでしょう。しかし悪魔は働いており、悪魔はロシアを使っています。聖母はわれわれが問題 - その核心はロシアです - に取り組むことを望んでおられます。それゆえ私の願いは、主としてロシアの奉献を望んでおられる聖母のメッセージを得るためにわれわれがここに来たということをわれわれは明らかにすべきである、ということです。他の諸々の奉献は禁止されていません。しかしそれらは第二次的なものです。

2007/02/24 三上 茂 試訳

ファチマ・クルーセイダー、2006年冬号目次 へ

Consecration of Russia is Essential へ

トップページ

作成日:2007/02/24

最終更新日:2007/02/24

inserted by FC2 system