ファチマ・クルーセイダー

パナカル・トーマス神父

The Fatima Crusader Issue 84, Winter 2006

大司教閣下各位、司教閣下各位そして親愛なる司祭の皆様、親愛なる友人たち、そしてわれらの親愛なるグルーナー神父様とそのチームの皆様、私たちはあなた、グルーナー神父様と共にいることを非常に誇りに思っています。この会議を通じてあなたはファチマのメッセージのためのメッセンジャーあるいは大使たちの一つの国際的なコミュニティをお作りになりました。それゆえ、親愛なるグルーナー神父様...私たちは皆世界へ...すべての国々へ...出かけて行きます。私たちはファチマのメッセージに身を捧げます。私たちは一つのコミュニティ、一つの国際的なコミュニティを作るように私たち皆を招いてくださったことに対してあなたに感謝します。それはファチマのメッセージを広めるための一つのコミュニティです。あなたたち皆に感謝します。 - パナカル・トーマス神父 -

2007/03/21 三上 茂 試訳

ファチマ・クルーセイダー、2006年冬(第84)号目次 へ

Father Panakal Thomas へ

トップページ へ

作成日:2007/03/21

最終更新日:2007/03/21

inserted by FC2 system