新約聖書

コロサイ書

EPISTOLA B. PAULI APOSTOLI AD COLOSSENSES

Salutatio epistolaris

1 Paulus apostolus Iesu Christi Iesu per voluntatem Dei, et Timotheus frater: 2 eis, qui sunt Colossis, sanctis, et fidelibus fratribus in Christo Iesu. 3 Gratia vobis, et pax a Deo Patre nostro, et Domino Iesu Christo.

DE PARS PRIOR

DE CHRISTI EXCELLENTIA

Gratiarum actio pro Colossensium fide

Gratias agimus Deo, et Patri Domini nostri Iesu Christi semper pro vobis orantes: 4 audientes fidem vestram in Christo Iesu, et dilectionem quam habetis in sanctos omnes 5 propter spem, quae reposita est vobis in caelis: quam audistis in verbo veritatis Evangelii: 6 quod pervenit ad vos, sicut et in universo mundo est, et fructificat, et crescit sicut in vobis, ex ea die, qua audistis, et cognovistis gratiam Dei in veritate, 7 sicut didicistis ab Epaphra charissimo conservo nostro, qui est fidelis pro vobis minister Christi Iesu, 8 qui etiam manifestavit nobis dilectionem vestram in spiritu.

9 Ideo et nos ex qua die audivimus, non cessamus pro vobis orantes, et postulantes ut impleamini agnitione voluntatis eius, in omni sapientia et intellectu spiritali:10 ut ambuletis digne Deo per omnia placentes: in omni opere bono fructificantes, et crescentes in scientia Dei:11 in omni virtute confortati secundum potentiam claritatis eius, in omni patientia et longanimitate cum gaudio,12 gratias agentes Deo Patri, qui dignos nos fecit in partem sortis sanctorum in lumine:13 qui eripuit nos de potestate tenebrarum, et transtulit in regnum filii dilectionis suae, 14 in quo habemus redemptionem remissionem per sanguinem eius, remimissionem peccatorum: 15. qui est imago Dei invisibilis, primogenitus omnis creaturae: 16 quoniam in ipso condita sunt universa in caelis, et in terra, visibilia, et invisibilia, sive throni, sive dominationes, sive principatus, sive potestates: omnia per ipsum et in ipso creata sunt: 17 et ipse est ante omnes, et omnia in ipso constant.

Christus Ecclesiae caput

18 Et ipse est caput corporis Ecclesiae, qui est principium, primogenitus ex mortuis: ut sit in omnibus ipse primatum tenens: 19 quia in ipso conplacuit, omnem plenitudinem habitare: 20 et per eum reconciliare omnia in ipsum, pacificans per sanguinem crucis eius, sive quae in terris, sive quae in caelis sunt.

21 Et vos cum essetis aliquando alienati, et inimici sensu in operibus malis: 22 nunc autem reconciliavit in corpore carnis eius per mortem, exhibere vos sanctos, et inmaculatos, et inreprehensibiles coram ipso: 23 si tamen permanetis in fide fundati, et stabiles, et inmobiles ab spe Evangelii, quod audistis, quod praedicatum est in universa creatura, quae sub caelo est, cuius factus sum ego Paulus minister.

Gaudet Paulus de suis passionibus pro Ecclesiae corpore

24 Qui nunc gaudeo in passionibus pro vobis, et adimpleo ea quae desunt passionum Christi, in carne mea pro corpore eius quod est Ecclesia: 25 cuius factus sum ego minister secundum dispensationem Dei, quae data est mihi in vos ut impleam verbum Dei: 26. mysterium, quod absconditum fuit a saeculis, et generationibus, nunc autem manifestatum est sanctis eius, 27. quibus voluit Deus notas facere divitias gloriae sacramenti huius in gentibus, quod est Christus, in vobis spes gloriae, 28 quem nos annuntiamus, corripientes omnem hominem, et docentes omnem hominem, in omni sapientia, ut exhibeamus omnem hominem perfectum in Christo Iesu: 29 in quo et laboro, certando secundum operationem eius, quam operatur in me in virtute.

使徒聖パウロ、コロサイ人に送りし書簡

冒頭

第一章 挨拶 1 神のおぼしめしによりてイエズス・キリストの使徒たるパウロおよび兄弟チモテオ、2 コロサイにおいてキリスト(イエズス)にある聖徒および忠信なる兄弟たちに[所感を送る]。3 願わくは、わが父にてまします神および主イエズス・キリストより、汝らに恩寵と平安とを賜わらんことを。

第一編 教理の部

第一項 キリストおよびその事業

第一款 コロサイ人のために感謝し祈祷す

感謝 4 われらキリスト・イエズスにおける汝らの信仰と、すべての聖徒に対する愛情とを聞きて、常に汝らのために祈りて、わが主イエズス・キリストの父にてまします神に感謝し奉る。5 これ天において汝らのために備えられ、かつて汝らが福音の真理のうちに聞きし希望のゆえなり。6 汝らに至れる福音は、実を世界に結びて伝播しつつあること、なお汝らが真理に従いて神の恩寵を聞き、かつ知りし日より汝らのうちにおいてありしがごとし。7 汝らこれを至愛なるわれらの同輩エパフラより学びたるが、彼は汝らのためにキリスト・イエズスの忠信なる役者にして、8[聖]霊によれる汝らの愛情をわれらに告げたり。

祈祷 9 ゆえにわれらもまた、これを聞きしその日より汝らのために祈りてやまず、もって汝らが[聖]霊によれるすべての知恵と悟りとによりて神のみ旨を知る[の知識]に満たされんことを求め奉る。

その祈祷の目的 10 これ汝らが主にふさわしく歩み、万事につけてみ心にかない、すべての善行において実を結び、神[を知る]の知識を増し、11 その光栄ある全能に従いてすべての力を加えられ、喜びをもってすべてのことに辛抱し堪忍し、12 神にてまします父に感謝し奉ることを得んためなり。そはかたじけなくもわれらをもって、聖徒たちとともに栄光をこうむるに足るべき者となし給い、13 暗闇の権威より救い出だして最愛なる御子の国に移し給い、14 われらその御子にありて御血をもって贖われ、罪の許しを得ればなり。

第二款 キリストおよびその事業は広大にして無比なり

キリストの絶対的超越 15 御子はすなわち見え給わざる神のみ姿にして、いっさいの被造物に先立ちて生まれ給いし者なり。16 けだし万物は彼において造られ、天にも地にも、見ゆるもの見えざるもの、あるいは玉座、あるいは主権、あるいは能力、みな彼をもって、かつ彼のために造られ、17 御自らは万物に先立ちてましまし、万物は彼のために存す。18 彼はまたその体なる教会の頭にてまします、けだし原因にましましてその死者のうちより先んじて生まれ給いしは、万事において自ら先んずる者となり給わんためなり、19 そは充満せる徳を全く彼に宿らしめ、20 彼をもって万物をおのれと和睦せしめ、その十字架の血をもって、地にあるものをも天にあるものをも和合せしむることのみ心にかないたればなり。

コロサイ人における救いの実行 21 汝らもかつて悪業によりて神に遠ざかり、心よりその仇となりしを、22 神は今、御子の肉体において、その死によりておのれと和睦せしめ、聖にして汚れなく罪なき者たらしめ、もってみ前に供えんとし給えり。23 汝らもし確固として信仰に基き、福音における希望より動かされずば、まさにしかあるべし。この福音は汝らこれを聞き、あまねく天下いっさいの人に述べられしが、われパウロはその役者とせられたるなり。

パウロはコロサイ人の救霊に助力す 24 われ今汝らのために苦しむを喜ぶ、またキリストの御苦しみの欠けたるところを、御体なる教会のためにわが肉体において補うなり。25 わが教会の役者とせられたるは汝らのために神より賜わりたる務めによれり、これ神の御言葉すなわち世々代々に隠れ来りて、26 今やその聖徒たちに現われたる奥義を、つぶさに伝えんためなり。27 この奥義とは光栄の希望にして汝らにいますキリストこれなり、この奥義の異邦人に及ぼしたる光栄の富のいかんを知らしむるは神のみ心なり。28 われらはこれを述べ伝え、すべての知識に従いて、すべての人を戒め、すべての人に教う、これすべての人をしてキリスト・イエズスにおいて完全にならしめんがためなり。29 わが現に苦労して、われにおいて強く働ける彼の勢力に応じて戦いつつあるはこれがためなり。

1 Volo enim vos scire qualem sollicitudinem habeam pro vobis, et pro iis qui sunt Laodiciae, et quicumque non viderunt faciem meam in carne: 2 ut consolentur corda ipsorum, instructi in charitate, et in omnes divitias plenitudinis intellectus, in agnitionem mysterii Dei Patris et Christi Iesu: 3 in quo sunt omnes thesauri sapientiae et scientiae absconditi.

Cavendum a falsis doctoribus

4 Hoc autem dico, ut nemo vos decipiat in sublimitate sermonum. 5 Nam etsi corpore absens sum, sed spiritu vobiscum sum: gaudens, et videns ordinem vestrum, et firmamentum eius, quae in Christo est, fidei vestrae. 6 Sicut ergo accepistis Iesum Christum Dominum, in ipso ambulate, 7 radicati, et superaedificati in ipso, et confirmati fide, sicut et didicistis, abundantes in illo in gratiarum actione. 8 Videte ne quis vos decipiat per philosophiam, et inanem fallaciam secundum traditionem hominum, secundum elementa mundi, et non secundum Christum: 9 quia in ipso inhabitat omnis plenitudo divinitatis corporaliter:10 et estis in illo repleti, qui est caput omnis principatus et potestatis: 11 in quo et circumcisi estis circumcisione non manu facta in expoliatione corporis carnis, sed in circumcisione Christi: 12 consepulti ei in baptismo, in quo et resurrexistis per fidem operationis Dei, qui suscitavit illum a mortuis. 13 Et vos cum mortui essetis in delictis, et praeputio carnis vestrae, convivificavit cum illo, donans vobis omnia delicta: 14 delens quod adversum nos erat chirografum decreti, quod erat contrarium nobis, et ipsum tulit de medio, affigens illud cruci: 15 et expolians principatus, et potestates traduxit confidenter, palam triumphans illos in semetipso.

Cavendum a falsis observantiis

16 Nemo ergo vos iudicet in cibo, aut in potu, aut in parte diei festi, aut neomeniae, aut sabbatorum: 17 quae sunt umbra futurorum: corpus autem Christi. 18 Nemo vos seducat, volens in humilitate, et religione angelorum, quae non vidit ambulans, frustra inflatus sensu carnis suae, 19 et non tenens caput, ex quo totum corpus per nexus, et coniunctiones subministratum, et constructum crescit in augmentum Dei.

20 Si ergo mortui estis cum Christo ab elementis huius mundi: quid adhuc tamquam viventes in mundo decernitis? 21 Ne tetigeritis, neque gustaveritis, neque contrectaveritis: 22 quae sunt omnia in interitum ipso usu, secundum praecepta et doctrinas hominum: 23 quae sunt rationem quidem habentia sapientiae in superstitione, et humilitate, et non ad parcendum corpori, non in honore aliquo ad saturitatem carnis.

第二項 偽教師に対する論難

第二章 パウロの配慮 1 われはわが汝らとラオジケアにある人々と、またいまだわが肉身の顔を見ざるいっさいの人とのために戦うことのいかばかりなるかを、汝らの知らんことを欲す。2 これその心慰められ、愛をもってつながれ、全き知識のもろもろの富に満たされて、父にてまします神およびキリスト・イエズスの奥義を知るに至らんためにして、3 知識および学識のもろもろの宝、彼に隠れて存すればなり。

信仰を固く保つべし 4 わがこれを言うは、たれも巧みなる物語をもって汝らを欺くことなからんためなり。5 けだしわれ肉体にては不在なれども、精神にては汝らとともにおり、汝らの秩序とキリストにおける信仰の堅固なるとを見てこれを喜ぶ。6 されば汝ら主イエズス・キリストを受けしがごとくこれにありて歩み、7 これに根ざし、これが上に建てられて、学びしがごとく信仰に固まり、これに成長して感謝し奉れ。

偽教師を用心すべし 8 むなしき虚言なる哲学をもって、たれにも欺かれざるよう注意せよ、そは人間の伝えと世の小学とによるものにして、キリストによるものにあらず。9 けだし神性は残りなく実体的にキリストのうちに満ちみちて宿れるなり。10 彼はもろもろの権勢および能力の頭にてまします、汝らこれにありて充満し、11 またこれにおいて割礼を受けたり。その割礼は手にてなせるものにあらずして、肉身を取り除くところのキリストの割礼なり。12 汝らは洗礼をもって彼とともに葬られ、また彼を死者のうちより復活せしめ給いし神の大能を信仰せるをもって、彼によりて復活したるなり。13 かくて汝ら罪と肉身の無割礼とによりて死したる者なりしに、神は汝らにことごとく罪を許してキリストとともに更に生かし給い、14 われらに迫りてわれらに反せる戒めの書を取り消し、これを中間より取り去りて十字架につけ、15[堕落の]権勢および能力等をはぎて、あえてこれをとりこにし、キリストの御身において公然これらに打ち勝ち給えり。

旧約に対する態度 16 されば食い物、あるいは飲み物、あるいは祭日、あるいは朔日(ついたち)、あるいは安息日に関しては、たれにもあれ汝らをとがむべからず、17 これらのことは、のちにあるべきことの影んして、本体はキリストなり。18 たれにもあれ、ことさらに謙遜[を装い]、天使崇拝をもって汝らのほうびを取るべからず。かかる人は見ざることに立ち入りて、いたずらに肉的思念に誇り、19 頭たる者に属せざるなり。全体はこの頭よりしてこそ関節および繊維をもって組み立てられ、かつ連なりて神によりて成長するなれ。20 汝らもしキリストとともにこの世の小学につきて死したる者ならば、何ぞなお世にあるがごとく身を掟に服せしむるや。21 いわゆる触るるなかれ、味わうなかれ、あつかうなれの類は、22 みな用うるに従いてつくるものにして、人間の戒めと教えとによれり。23 かの崇拝、謙遜、身を惜しまざる点においては道理めきたるものなれども、その実は尊きことなく、ただ肉欲を飽かしむるのみ。

PARS ALTERA

DOCTRINA MORALIS

Vita in Christo

1 Igitur, si conresurrexistis Christo: quae sursum sunt quaerite, ubi Christus est in dextera Dei sedens: 2. quae sursum sunt sapite, non quae supra terram. 3 Mortui enim estis, et vita vestra abscondita est cum Christo in Deo. 4 Cum Christus apparuerit, vita vestra: tunc et vos apparebitis cum ipso in gloria.

5 Mortificate ergo membra vestra, quae sunt super terram: fornicationem, inmunditiam, libidinem, concupiscentiam malam, et avaritiam, quae est simulacrorum servitus: 6 propter quae venit ira Dei super filios incredulitatis: 7 in quibus et vos ambulastis aliquando, cum viveretis in illis. 8 Nunc autem deponite et vos omnia: iram, indignationem, malitiam, blasphemiam, turpem sermonem de ore vestro. 9 Nolite mentiri invicem, expoliantes vos veterem hominem cum actibus suis, 10 et induentes novum eum, qui renovatur in agnitionem secundum imaginem eius qui creavit illum: 11 ubi non est gentilis et Iudaeus, circumcisio et praeputium, Barbarus et Scytha, servus et liber: sed omnia, et in omnibus Christus.

12 Induite vos ergo sicut electi Dei, sancti, et dilecti, viscera misericordiae, benignitatem, humilitatem, modestiam, patientiam: 13 subportantes invicem, et donantes vobismetipsis si quis adversus aliquem habet querellam: sicut et Dominus donavit vobis, ita et vos. 14 Super omnia autem haec, charitatem habete, quod est vinculum perfectionis: 15 et pax Christi exultet in cordibus vestris, in qua et vocati estis in uno corpore: et grati estote. 16 Verbum Christi habitet in vobis abundanter, in omni sapientia, docentes, et commonentes vosmetipsos, psalmis, hymnis, et canticis spiritualibus, in gratia cantantes in cordibus vestris Deo. 17 Omne, quodcumque facitis in verbo aut in opere, omnia in nomine Domini Iesu Christi, gratias agentes Deo et Patri per ipsum.

Coniugum ac familiarum officia

18 Mulieres, subditae estote viris, sicut oportet, in Domino. 19 Viri diligite uxores vestras, et nolite amari esse ad illas.

20 Filii, obedite parentibus per omnia: hoc enim placitum est in Domino. 21 Patres, nolite ad indignationem provocare filios vestros, ut non pusillo animo fiant.

22 Servi, obedite per omnia dominis carnalibus, non ad oculum servientes, quasi hominibus placentes, sed in simplicitate cordis, timentes Dominum. 23 Quodcumque facitis, ex animo operamini sicut Domino, et non hominibus: 24 scientes quod a Domino accipietis retributionem hereditatis. Domino Christo servite. 25 Qui enim iniuriam facit, recipiet id quod inique gessit: et non est personarum acceptio apud Deum.

第二編 倫理上の実用的勧告

第一項 信徒一般に関する教訓

第三章 キリスト信者の新生活の原理 1 されば汝ら、もしキリストとともに復活したるならば、上のこと、すなわち神の右にキリストの坐し給うところのことを求めよ。2 地上のことならで上のことをおもんぱかれ、3 けだし汝らは死したる者にして、その生命はキリストとともに神において隠れたるなり。4 われらの生命にてましますキリストの現われ給う時には、汝らもまた彼とともに光栄のうちに現わるべし。

新生活にかなわざる欠点 5 ゆえに汝ら、地上における四肢五体、すなわち、私通、淫乱、情欲、邪欲および偶像崇拝なる貪欲を殺すべし、6 神の怒りは、これらのことのために不信の子らの上に来る。7 汝らも彼らのうちに生活せし時は、かかることのうちに歩みたれど、8 今は汝らもこれらのいっさいと、怒り、憤り、悪心、ののしりとを捨て、わいせつなる物語をその口より捨てよ。9 互いに偽るなかれ、古き人とその業とを脱ぎて、10 新しき人、すなわちこれを造り給いしもののみ姿にかたどりて知識に進むよう、新たなる人を着るべし。11 ここに至りては、異邦人もユデア人も、割礼も無割礼も、夷もシタ人も、奴隷も自由の身もあることなく、ただ万民のうちに万事となり給えるキリストのましませるのみ。

新生活に要する徳 12 されば汝ら、神に選まれ奉りたる聖にしてかつ至愛なる者のごとく、慈悲の腹わた、寛仁、謙遜、柔和、堪忍等を身にまといて、13 互いに忍耐し、もし人に対して苦情あらば互いに宥恕し、主の汝らに許し給いしごとく汝らもまたしかせよ。14 なおこのいっさいのことに加えて愛を有せよ、愛は完徳の結びなればなり。15 しかして汝ら一体としてキリストの平和に召されたれば、その平和をして汝らの心をつかさどらしむべし、汝らもまた感謝し奉れ。16 キリストの御言葉、汝らのうちに豊かに宿りて、すべての知識において相教え、相勧め、恩寵によりて霊的の詩、賛美歌、歌をもって心のうちに神に歌うべし。17 何ごとをなすも、あるいは言葉、あるいは行ない、ことごとく主イエズス・キリストのみ名により、これをもって父にてまします神に感謝し奉りてなすべし。

第二項 家庭に関する教訓

夫婦の関係 18 妻たる者よ、なすべきごとく主において夫に従え。19 夫たる者よ、その妻を愛して彼らに苦かることなかれ。

親子の関係 20 子たる者よ、万事において親に従え、これ主のみ心にかなうがゆえなり。21 父たる者よ、汝らその子どもの怒りを買うことなかれ、おそらくは落胆せん。

主人と奴隷との関係 22 奴隷たる者よ、万事において肉身上の主人に従え、人に喜ばれんとするがごとくに目の前のみにて仕えず、純朴なる心をもって主を恐れて仕えよ。23 汝ら何ごとをなすも人のためにすと思わず、主のためにすと思い、24 主より世継ぎの報いを得べしと悟りてこれを心より行なえ。主キリストに仕えよ、25 けだし不義をなす人はその不義の報いを得べし、かつ神においては人に片寄り給うことあらざるなり。

1 Domini quod iustum est et aequum, servis praestate: scientes quod et vos Dominum habetis in caelo.

Orationi instandum et in sapientia ambulandum

2 Orationi instate, vigilantes in ea in gratiarum actione: 3 orantes simul et pro nobis, ut Deus aperiat nobis ostium sermonis ad loquendum mysterium Christi(propter quod etiam vinctus sum), 4 ut manifestem illud ita ut oportet me loqui.

5 In sapientia ambulate ad eos, qui foris sunt: tempus redimentes. 6 Sermo vester semper in gratia sale sit conditus, ut sciatis quomodo oporteat vos unicuique respondere.

EPILOGUS

7 Quae circa me sunt, omnia vobis nota faciet Tychicus charissimus frater, et fidelis minister, et conservus in Domino: 8 quem misi ad vos ad hoc ipsum ut cognoscat quae circa vos sunt, et consoletur corda vestra, 9 cum Onesimo charissimo, et fideli fratre, qui ex vobis est. Omnia, quae hic aguntur, nota facient vobis.

Salutationes et commendationes

10 Salutat vos Aristarchus concaptivus meus, et Marcus consobrinus Barnabae, de quo accepistis mandata: si venerit ad vos, excipite illum: 11 et Iesus, qui dicitur Iustus: qui sunt ex circumcisione: hi soli sunt adiutores in regno Dei, qui mihi fuerunt solatio.12 Salutat vos Epaphras, qui ex vobis est, servus Christi Iesu, semper sollicitus pro vobis in orationibus, ut stetis perfecti, et pleni in omni voluntate Dei. 13 Testimonium enim illi perhibeo quod habet multum laborem pro vobis, et pro iis qui sunt Laodiciae, et qui Hierapoli. 14 Salutat vos Lucas medicus charissimus, et Demas. 15 Salutate fratres, qui sunt Laodiciae, et Nympham, et quae in domo eius est, Ecclesiam. 16 Et cum lecta fuerit apud vos epistola haec, facite ut et in Laodicensium Ecclesia legatur: et eam, quae Laodicensium est, vos legatis. 17 Et dicite Archippo: Vide ministerium, quod accepisti in Domino, ut illud impleas.

18 Salutatio, mea manu Pauli. Memores estote vinculorum meorum. Gratia vobiscum. Amen.

第四章 主人の義務 1 主人たる者よ、汝らも天に主を持ち奉れることを知りて正当公正なることを奴隷になせ。

結末

祈祷の義務 2 汝ら祈祷に従事し、感謝をもってこれに注意せよ。3 はたまたわれらのために祈りて、わがこれがために縄目に会えるキリストの奥義を語るよう、神が宣教の門をわれらに開き給わんことを願え、4 これわが語るべきごとくに、これを表わすことを得んためなり。

教会外の人と交わる法 5 外なる人々と交わるに知識をもってして機会を求めよ。6 汝らの物語は塩をもってあんばいして常にうるわしかるべし、これいかに人々に答うべきかを知らんためなり。

チキコおよびオネジモとのこと '7 忠信なる役者、主における同輩にしてわが至愛の兄弟たるチキコは、わが身の上のいっさいを汝らに告げ知らするならん。8 わがことさらにこれを遣わししは、彼をして汝らに関することを知り、かつ汝らの心を慰めしめんためなり。9 また汝らの一人にして忠信なるわが至愛の兄弟オネジモをこれに伴わしめたれば、彼らはここのすべてのことを汝らに告げ知らするならん。

種々の伝言 10 われとともに獄中にあるアリスタルコおよびバルナバの従弟(いとこ)マルコ、汝らによろしくと言えり、このマルコにつきては汝ら命を受けたることあり、もし汝らに至らばこれを優待せよ。11 ユストと呼ばるるイエズスもよろしくと言えり。彼らは割礼を受けし人々なるが、神の国のためにわれに助力したるはこの三人にして、わが慰めとなりし者なり。12 汝らの一人なるエパフラ、汝らによろしくと言えり。彼はキリスト・イエズスのしもべにして、常に汝らのために戦い、祈りのうちに汝らが神のもろもろのおぼしめしにおいて完全にかつ確信して立たんことを求む。13 彼が汝らのために、またラオジケアおよびイェラポリスの人々のために、いたく心を労せることは、われ彼のためにこれを証す。14 至愛なる医者ルカ、汝らによろしくと言えり。デマスもまたしかり。15 ラオジケアにある兄弟たち、およびニムファとその家にある教会とによろしく伝えよ。

パウロの種々の挨拶 16 この書簡汝らのうちに読まれなば、またラオジケアの教会にも読まるるよう計らい、汝らもまたラオジケア人の書簡を読め。

終わりの挨拶 17 またアルキッポに伝えて、汝、主において受けし聖役を省みてこれを全うすべし、と言え。18 われパウロ手ずから、よろしくと言う。わが縄目を記憶せよ。願わくは、恩寵汝らとともにあらんことを。アメン。

みこころネット(表紙)へ

作成日:2006/03/17

最終更新日:2006/03/20

メール:mikami@po.d-b.ne.jp

inserted by FC2 system