新約聖書

ガラチア書

EPISTOLA B. PAULI APOSTOLI AD GALATAS

Salutatio epistolaris

1 Paulus Apostolus non ab hominibus, neque per hominem, sed per Iesum Christum, et Deum Patrem, qui suscitavit eum a mortuis: 2 et qui mecum sunt omnes fratres, Ecclesiis Galatiae. 3 Gratia vobis, et pax a Deo Patre, et Domino nostro Iesu Christo, 4 qui dedit semetipsum pro peccatis nostris, ut eriperet nos de praesenti saeculo nequam, secundum voluntatem Dei et Patris nostri, 5 cui est gloria in saecula saeculorum. Amen.

PARS PRIMA

APOLOGIA APOSTOLATUS PAULI

Durae incusationes in Galatas eo quod tam cito deseruerint Evangelium

6 Miror quod sic tam cito transferimini ab eo qui vos vocavit in gratiam Christi in aliud Evangelium: 7 quod non est aliud, nisi sunt aliqui qui vos conturbant, et volunt convertere Evangelium Christi. 8 Sed licet nos, aut angelus de caelo evangelizet vobis praeterquam quod evangelizavimus vobis, anathema sit. 9 Sicut praediximus, et nunc iterum dico: Si quis vobis evangelizaverit praeter id quod accepistis, anathema sit.

10 Modo enim hominibus suadeo, an Deo? An quaero hominibus placere? Si adhuc hominibus placerem, Christi servus non essem.

Paulus electus apostolus ab ipso Deo

11 Notum enim vobis facio, fratres Evangelium, quod evangelizatum est a me, quia non est secundum hominem: 12 neque enim ego ab homine accepi illud, neque didici, sed per revelationem Iesu Christi.

13 Audistis enim conversationem meam aliquando in Iudaismo: quoniam supra modum persequebar Ecclesiam Dei, et expugnabam illam, 14 et proficiebam in Iudaismo supra multos coaetaneos meos n genere meo, abundantius aemulator existens paternarum mearum traditionum. 15 Cum autem placuit ei, qui me segregavit ex utero matris meae, et vocavit per gratiam suam, 16 ut revelaret Filium suum in me, ut evangelizarem illum in gentibus: continuo non adquievi carni et sanguini, 17 neque veni Ierosolymam ad antecessores meos Apostolos: sed abii in Arabiam; et iterum reversus sum Damascum; 18 deinde post annos tres veni Ierosolymam videre Petrum, et mansi apud eum diebus quindecim: 19 alium autem Apostolorum vidi neminem, nisi Iacobum fratrem Domini. 20 Quae autem scribo vobis, ecce coram Deo, quia non mentior. 21 Deinde veni in partes Syriae, et Ciliciae. 22 Eram autem ignotus facie Ecclesiis Iudaeae, quae erant in Christo: 23 tantum autem auditum habebant: Quoniam qui persequebatur nos aliquando, nunc evangelizat fidem, quam aliquando expugnabat: 24 et in me clarificabant Deum.

使徒聖パウロ、ガラチア人に送りし書簡

冒頭

第一章 挨拶 1 人よりにあらず、人によるにもあらず、イエズス・キリストと、これを死者のうちより復活せしめ給いし父にてまします神とによりて使徒たるパウロ、2 ならびにわれとともにある兄弟一同、ガラチアの諸教会に[書簡を送る]。3 願わくは父にてまします神、およびわが主イエズス・キリストより恩寵と平安とを汝らに賜わらんことを。4 このキリストは、すなわちわが父にてまします神のおぼしめしによりて、われらをこの悪しき世より救い出ださんとて、われらの罪のためにおのれを献げ給いし者なれば、5 これに世々光栄あれかし、アメン。

突然本題に移る 6 われは汝らがキリストの恩寵をもって、おのれを召し給いしものを遠ざかりて、かくも速かに異なる福音に移れるを怪しむ。7 これ異なる福音あるにあらず、ただある人々が汝らを乱してキリストの福音を翻さんとするなり。8 されど、われらにまれ、天よりの使にまれ、われらが汝らに述べしところに反して福音を述ぶるならば呪われよかし。9 われら先に言いしが、今また重ねて言う、汝らが受けしところに反して福音を述ぶる者あらば呪われよかし。10 けだし今われ人の心を得んとするか、はた神のみ心を得んとするか、人の心にかなわんと努むるか、われなお人の心にかなわばキリストのしもべにあらざるべし。

第一編 パウロ、自己につきての弁駁

第一項 パウロの使徒たることと、その教えとは神より出ず

福音を人に受けしにあらずる 11 けだし兄弟たちよ、汝らに告げ知らせん、わが述べし福音は人によれるものにあらず、12 すなわち、われ人よりこれを受け、これに学びたるにあらず、イエズス・キリストの黙示によれるなり。13 けだしユデア教における先のわが行状いかんは汝らの聞きしところなり。

改心以前はいかん すなわち、われは神の教会をはなはだしく迫害してこれを荒し、14 わが族中なる同年輩に人々にまさりてユデア教に進み、わが先祖の伝えのためにいっそう熱中して奮発しいたりしなり。

改心以後はいかん 15 しかるに母の胎内より選みて、その恩寵をもってわれを召し給えるものは、16 われをしてその福音を異邦人のうちに述べしめんとて、御子をわが心に表わし給うことのみ心にかないしかば、その時われただちに血肉に計らず、17 またエルザレム、すなわちわが先輩なる使徒たちのもとにも行かず、アラビアに至り、またダマスコに帰れり。18 さて三年を経てペトロを訪問せんとてエルザレムに至り、十五日の間彼の家に留まりしも、19 他の使徒たちには、主の兄弟ヤコボのほか、たれにも会わざりき。20 わが汝らに書き送ることは神のみ前にて偽りなし。21 そののちわれシリアおよびシリシア地方に至りしが、22 キリストにあるユデアの諸教会は、わが顔を知らず、23 ただ、かつてわれらを迫害しつつありし人、今や、おのが先に滅ぼさんとしたりし信仰を述べ伝うと聞き、24 われにつきて光栄を神に帰し奉りつつありき。

Pauli evangelium ab Apostolis approbatum

1 Deinde post annos quatuordecim, iterum ascendi Ierosolymam cum Barnaba, assumpto et Tito. 2 Ascendi autem secundum revelationem: et contuli cum illis Evangelium, quod praedico in gentibus, seorsum autem iis qui videbantur aliquid esse; ne forte in vacuum currerem, aut cucurrissem. 3 Sed neque Titus, qui mecum erat, cum esset gentilis, conpulsus est circumcidi: 4 sed propter subintroductos falsos fratres, qui subintroierunt explorare libertatem nostram, quam habemus in Christo Iesu, ut nos in servitutem redigerent. 5 Quibus neque ad horam cessimus subiectione, ut veritas Evangelii permaneat apud vos; 6 ab iis autem, qui videbantur esse aliquid(quales aliquando fuerint, nihil mea interest. Deus personam hominis non accipit): mihi enim qui videbantur esse aliquid, nihil contulerunt. 7 Sed econtra cum vidissent quod creditum est mihi Evangelium praeputii, sicut et Petro circumcisionis: 8(qui enim operatus est Petro in apostolatum circumcisionis, operatus est et mihi inter gentes)9 et cum cognovissent gratiam, quae data est mihi, Iacobus, et Cephas, et Iohannes, qui videbantur columnae esse, dextras dederunt mihi, et Barnabae societatis: ut nos in gentes, ipsi autem in circumcisionem: 10 tantum ut pauperum memores essemus, quod etiam sollicitus fui hoc ipsum facere.

Petri reprehensio Antiochiae

11 Cum autem venisset Cephas Antiochiam, in faciem ei restiti, quia reprehensibilis erat. 12 Prius enim quam venirent quidam ab Iacobo, cum gentibus edebat; cum autem venissent, subtrahebat, et segregabat se, timens eos qui ex circumcisione erant. 13 Et simulationi eius consenserunt ceteri Iudaei, ita ut et Barnabas duceretur ab eis in illa simulationem. 14 Sed cum vidissem quod non recte ambularent ad veritatem Evangelii, dixi Cephae coram omnibus: Si tu, cum Iudaeus sis, gentiliter vivis, et non iudaice: quomodo gentes cogis iudaizare?

Iudaei, a lege liberi, Deo vivunt per fidem

15 Nos natura Iudaei, et non ex gentibus peccatores. 16 Scientes autem quod non iustificatur homo ex operibus legis, nisi per fidem Iesu Christi: et nos in Christo Iesu credidimus, ut iustificemur ex fide Christi, et non ex operibus legis; propter quod ex operibus legis non iustificabitur omnis caro. 17 Quod si quaerentes iustificari in Christo, inventi sumus et ipsi peccatores, numquid Christus peccati minister est? Absit. 18 Si enim quae destruxi, iterum haec aedifico: praevaricatorem me constituo. 19 Ego enim per legem, legi mortuus sum, ut Deo vivam: Christo confixus sum cruci. 20 Vivo autem, iam non ego, vivit vero in me Christus. Quod autem nunc vivo in carne: in fide vivo Filii Dei, qui dilexit me, et tradidit semetipsum pro me. 21 Non abicio gratiam Dei. Si enim per legem iustitia, ergo Christus gratis mortuus est.

第二項 パウロの使徒職はペトロおよび使徒たちに認められたり

第二章 おのが布教と動作とは他の使徒と一致す 1 そののち十四年を経てバルナバとともにチトをも携えて再びエルザレムにのぼりしが、2 これ神託によりてのぼりしなり。かくてわが異邦人のうちに述ぶる福音を、彼ら、殊に著しき人々に告げ知らせたり、これ万一にも走ること、またかつて走りしことのむなしくならざらんためなりき。3 しかるに、われとともにありしチトすら、もと異邦人なるも割礼を受くることをしいられず、4 ただ、くぐり入りたる偽兄弟ありて、われらがキリスト・イエズスにおいて持てる自由を探り、われらを奴隷たらしめんとして入り来りたれど、5 われらは片時もゆずらず、彼らに服せざりき、これ福音の真理を汝らのうちに存せしめんためなり。6 ことさら著しき人々に至りては、= その著しき人々は何ごとをもわれに加えざりき。7 かえって割礼ある人々に福音を述ぶることのペトロにゆだねられたるごとく、割礼なき人々に述ぶることのわれにゆだねられたるを見しかば、8 = そはペトロに割礼ある人々の使徒となる力を賜いし者は、われにも異邦人のうちにおいて力を賜いたればなり、= 9 柱とも見えたるヤコボとケファとヨハネとは、われに賜わりたる恩寵をわきまえて、一致の印として右の手をわれとバルナバとに与えたり。これわれらは異邦人に至り、彼らは割礼ある人々に至らんためなり。10 ただ彼らの願うところは、われらが貧者を顧みんことなりしが、われも心がけてこれを行なえり。

ペトロに向かいて自由を主張せり 11 しかれどもケファ、アンチオキアに来りし時、とがむべきことありしかば、われは目のあたりにこれに反対せり。12 そは、ある人々のヤコボのもとより来るまでは、彼、異邦人とともに食しいたれど、彼ら来りしかばケファは割礼ある人々にはばかり、控えて異邦人を離れいたればなり。13 他のユデア人この隠しだてに同意せしかば、バルナバもまた彼らよりその隠しだてにさそわるるに至れり。14 かくて彼らが福音の真理に従いて正しく歩まざるを見て、われ一同の前にてケファに言えらく、汝、ユデア人にてありながらユデア人のごとくにせず異邦人のごとく行なえるに、何ぞ異邦人をしいてユデア人の習慣に従わせんとはする。15 われらは生来ユデア人にして異邦人より出でし罪人にはあらず、16 さりながら人の義とせらるるは律法の業によらずして、ただイエズス・キリストにおける信仰によるを知るがゆえに、われらも律法の業によらずキリストにおける信仰によりて義とせられんために、キリスト・イエズスを信ずるなり、そは何人も律法の業によりて義とせられざればなり。17 もしキリストにおいて義とせられんことを努めて、なお罪人とせられなばキリストは罪の役者なるか、いないな、18 もしわれすでにこぼちたるものを再び建つれば、自ら偽り者となるなり。19 さればわれは神に生きんために律法をもって律法に死し、20 キリストとともに十字架につけられたるなり。それ、われは生くといえども、もはやわれにあらず、キリストこそわれにおいて生き給うなれ。われ肉体に生くといえども、われを愛してわがためにおのれを渡し給いし神の御子の信仰において生くるなり。21 われ神の恩寵を捨つるにあらず、もし義とせらるること律法によらば、キリストはいたずらに死し給いしなり。

PARS SECUNDA

IUSTIFICATIO NON PER LEGEM SED PER FIDEM

Quanta dona per fidem acceperint Galatae

1 O insensati Galatae, quis vos fascinavit non obedire veritati, ante quorum oculos Iesus Christus proscriptus est, in vobis crucifixus? 2 Hoc solum a vobis volo discere: Ex operibus legis Spiritum accepistis, an ex auditu fidei? 3 Sic stulti estis, ut cum Spiritu coeperitis, nunc carne consummemini? 4 Tanta passi estis sine causa? si tamen sine causa. 5 Qui ergo tribuit vobis Spiritum, et operatur virtutes in vobis; ex operibus legis, an ex auditu fidei?

Abraham per fidem iustificatus

6 Sicut scriptum est; Abraham credidit Deo, et reputatum est ei ad iustitiam. 7 Cognoscite ergo quia qui ex fide sunt, ii sunt filii Abrahae. 8 Providens autem Scriptura quia ex fide iustificat gentes Deus, praenuntiavit Abrahae: Quia benedicentur in te omnes gentes. 9 Igitur qui ex fide sunt, benedicentur cum fideli Abraham.

10 Quicumque enim ex operibus legis sunt, sub maledicto sunt. Scriptum est enim: Maledictus omnis qui non permanserit in omnibus quae scripta sunt in libro legis ut faciat ea. 11 Quoniam autem in lege nemo iustificatur apud Deum, manifestum est: quia iustus ex fide vivit. 12 Lex autem non est ex fide, sed: Qui fecerit ea, vivet in illis. 13 Christus nos redemit de maledicto legis, factus pro nobis maledictum: quia scriptum est: Maledictus omnis qui pendet in ligno: 14 ut in gentibus benedictio Abrahae fieret in Christo Iesu, ut pollicitationem Spiritus accipiamus per fidem.

Testamentum Abrahae datum

15 Fratres(secundum hominem dico)tamen hominis confirmatum testamentum nemo spernit, aut superordinat. 16 Abrahae dictae sunt promissiones, et semini eius. Non dicit: Et seminibus, quasi in multis; sed quasi in uno: Et semini tuo, qui est Christus. 17 Hoc autem dico, testamentum confirmatum a Deo; quae post quadringentos et triginta annos facta est lex, non irritum facit ad evacuandam promissionem. 18 Nam si ex lege hereditas, iam non ex repromissione. Abrahae autem per promissionem donavit Deus.

Quare lex posita fuerit

19 Quid igitur lex? Propter transgressiones posita est donec veniret semen, cui promiserat, ordinata per angelos in manu mediatoris. 20 Mediator autem unius non est: Deus autem unus est. 21 Lex ergo adversus promissa Dei? Absit. Si enim data esset lex, quae posset vivificare, vere ex lege esset iustitia. 22 Sed conclusit Scriptura omnia sub peccato, ut promissio ex fide Iesu Christi daretur credentibus. 23 Prius autem quam veniret fides, sub lege custodiebamur conclusi in eam fidem quae revelanda erat. 24 Itaque lex paedagogus noster fuit in Christo, ut ex fide iustificemur. 25 At ubi venit fides, iam non sumus sub paedagogo.

Verum Abrahae semen

26 Omnes enim filii Dei estis per fidem, quae est in Christo Iesu. 27 Quicumque enim in Christo baptizati estis, Christum induistis. 28 Non est Iudaeus, neque Graecus: non est servus, neque liber: non est masculus, neque femina. Omnes enim vos unum estis in Christo Iesu. 29 Si autem vos Christi, ergo semen Abrahae estis, secundum promissionem haeredes.

第二編 律法ならびに福音につきての論難

第一項 律法にて呪われ、信仰にて祝福を得

第三章 聖霊とその賜ものとを受けしは律法によらず福音によれり 1 愚かなるかなガラチア人よ、十字架につけられ給いしイエズス・キリスト汝らの目前に描かれ給いたるに、たれか汝らをとらかして真理にそむかしめしぞ、2 われはただこのことを聞かんと欲す、汝らが聖霊をこうむりしは律法の業によるか、信仰に従いしによるか。3 汝ら聖霊をもって始まりしものを、今は肉をもって終わるまでに愚かなるか。4 おびただしく苦しみしは無益とならんか、いな、無益にあらざれかし。5 されば汝らに[聖]霊を賜いて汝らのうちに奇跡を行ない給える者のかくなし給うは律法の業によるか、信仰に従いしによるか、6 書きしるして、「アブラハム神を信ぜり、しかしてこのこと義としてこれに帰せられたり」とあるがごとし。7 ゆえに信仰による人々は、これアブラハムの子どもなりと知れ。8 かくて聖書は、神が信仰によりて異邦人を義とし給うことをあらかじめ知りて、かつてアブラハムに福音を告げていわく、「万民汝において祝せられん」と。9 されば信仰による人々は忠実なるアブラハムとともに祝せらるべきなり。

キリストは律法によれる呪いを贖い給えり 10 およそ律法の業による人々は呪いのもとにあり、そは書きしるして、「すべて律法の書に書きしるされたることをことごとく守らんとして、これに留まらざる人は呪わるべし」とあればなり。11 そもそも人が律法によりて神のみ前に義とせられざることは、「義人は信仰によりて生く」とあるをもって明らかなり。12 律法は信仰によるにあらずして、「掟を行なる人はこれによりて生きん」とあり、13 書きしるして、「すべて木につるさるる人は呪われたるなり」とあれば、キリストはわれらのために呪われたる者となりて律法の呪いよりわれらを贖い給いしなり。14 これアブラハムの祝福がキリスト・イエズスによりて異邦人に及ぼされ、約束せられ給いし聖霊を信仰によりてわれらが受けんためなり。

第二項 律法のもとにありては未丁年者なるに、信仰およびキリスト教のもとにありては丁年者となる

遺書の動かすべからざる性質 13 兄弟たちよ、われ人の言うがごとくに言えば、人の公正なる遺書は廃する人なく書き加うる人なし。16 アブラハムとその末とに約束せられし時、多くの人をさすがごとく末[ら]とはのたまわずして、一人をさして汝の末とのたまえり、これすなわちキリストなり。17 さて、われは言わん、神のすでに固め給いし契約をば、それより四百三十年ののちに与えられし律法が、約束をむなしからしめんとて廃したるにあらず、18 けだし世継ぎもし律法によらば、これすでに約束によらざるなり。されど神は約束をもって、これをアブラハムに賜いたるなり。

救霊における律法の役 19 しからば律法とは何ぞや、これ約束せられし末の来るまでの間、犯則のためにおかれしものにして、仲裁者の手を経て天使たちによりて布告せられたるものなり。20 さて仲裁者は一方のものにあらざるに、神は唯一にてまします。21 されば律法は神の約束に反するか、いないな、けだしもし人をよく生かすべき律法を与えられたらんには、義は実に律法により出ずべし、22 といえども、聖書は万物を罪のもとに閉じ込めたり。これ約束はイエズス・キリストにおける信仰によりて信ずる人に与えられんためなり。23 信仰の来る前には、われらは律法のもとに閉じ込められて、現われんとする信仰の来るまで守られつつありき。24 さればわれらが信仰によりて義とせられんために、律法はわれらをキリストに導く指導者となれり。

キリスト信徒は律法のもとにあらず 25 されど信仰すでに来りては、われらはもはや指導者のもとにあらず、26 そは汝らキリスト・イエズスにおける信仰によりて、みな神の子どもなればなり。27 すなわちキリストによりて洗せられたる汝らは、ことごとくキリストを着せるなり。28 かくてユデア人もなくギリシア人もなく、奴隷も自由の身もなく、男も女もなし、そは汝らキリスト・イエズスにおいてみな一人なればなり。29 汝らもしキリストのものならば、これアブラハムの末なり、約束のままなる世継ぎなり。

Servituti legis succedit libertas et adoptio evangelica

1 Dico autem: Quanto tempore heres parvulus est, nihil differt a servo, cum sit dominus omnium: 2 sed sub tutoribus, est et actoribus usque ad praefinitum tempus a patre: 3 ita et nos cum essemus parvuli, sub elementis mundi eramus servientes. 4 At ubi venit plenitudo temporis, misit Deus Filium suum factum ex muliere, factum sub lege, 5 ut eos, qui sub lege erant, redimeret, ut adoptionem filiorum reciperemus. 6 Quoniam autem estis filii, misit Deus Spiritum Filii sui in corda vestra clamantem: Abba, Pater. 7 Itaque iam non es servus, sed filius. Quod si filius et haeres per Deum.

Galatae, prius liberi, in servitutem reversi sunt

8 Sed tunc quidem ignorantes Deum, iis, qui natura non sunt dii, serviebatis. 9 Nunc autem cum cognoveritis Deum, immo cogniti sitis a Deo: quomodo convertimini iterum ad infirma et egena elementa, quibus denuo servire vultis? 10 Dies observatis, et menses, et tempora, et annos. 11 Timeo vos, ne forte sine causa laboraverim in vobis.

Apostolum imitentur

12 Estote sicut ego, quia et ego sicut vos: fratres obsecro vos: Nihil me laesistis. 13 Scitis autem quia per infirmitatem carnis evangelizavi vobis iampridem: et tentationem vestram in carne mea 14 non sprevistis, neque respuistis: sed sicut angelum Dei excepistis me, sicut Christum Iesum. 15 Ubi est ergo beatitudo vestra? Testimonium enim perhibeo vobis, quia, si fieri posset, oculos vestros eruissetis, et dedissetis mihi. 16 Ergo inimicus vobis factus sum, verum dicens vobis? 17 Aemulantur vos non bene: sed excludere vos volunt, ut illos aemulemini. 18 Bonum autem aemulamini in bono semper: et non tantum cum praesens sum apud vos. 19 Filioli mei, quos iterum parturio, donec formetur Christus in vobis. 20 Vellem autem esse apud vos modo, et mutare vocem meam: quoniam confundor in vobis.

Allegoria Agar et Sarae

21 Dicite mihi qui sub lege vultis esse: legem non legistis? 22 Scriptum est enim: Quoniam Abraham duos filios habuit: unum de ancilla, et unum de libera. 23 Sed qui de ancilla, secundum carnem natus est: qui autem de libera, per repromissionem: 24 quae sunt per allegoriam dicta. Haec enim sunt duo testamenta. Unum quidem a monte Sina, in servitutem generans: quae est Agar: 25 Sina enim mons est in Arabia, qui coniunctus est ei quae nunc est Ierusalem, et servit cum filiis suis. 26 Illa autem, quae sursum est Ierusalem, libera est, quae est mater nostra. 27 Scriptum est enim:

Laetare sterilis, quae non paris:
Erumpe, et exclama, quae non parturis:
Quia multi filii desertae,
Magis quam eius quae habet virum.

28 Nos autem fratres secundum Isaac promissionis filii sumus. 29 Sed quomodo tunc is, qui secundum carnem natus fuerat, persequebatur eum qui secundum spiritum: ita et nunc. 30 Sed quid dicit Scriptura? Eice ancillam, et filium eius: non enim haeres erit filius ancillae cum filio liberae. 31 Itaque, fratres, non sumus ancillae filii, sed liberae: qua libertate Christus nos liberavit.

第三項 律法のもとには奴隷なれども、信仰によりては自由の身なり

第四章 たとえおよびたとえの応用 1 さてわれは言わん、世継ぎは家督の主なりといえども、小児の間は奴隷と異なることなく、2 父の定めたる時までは後見人および治産者のもとにあり。3 かくのごとくわれらも小児のうちは世の小学のもとに仕えつつありき。4 されど満期の時至りて、神は御子を女よりなりたるもの、律法のもとになりたるものとして遣わし給えり。5 これ律法のもとにありし人々を贖い、われらをして子とせらるることを得しめ給わんためなり。6 かくて汝らが子たるによりて、神は、アバ、父よ、と叫び給える御子の霊を汝らの心に遣わし給えり。7 さればもはや奴隷にあらずして子たるなり、子たる上はまた神によりて世継ぎたるなり。

譴責をはさむ 8 かの時には汝ら神を知らず、生来神たらざるものに仕えて奴隷たりき。9 されど今はすでに神を知り、しかもまた神に知られたるに、いかんぞ再び弱く乏しき小学に返りて、更にこれに仕えんとはする。10 汝らは日と月と季節と年とを守る。11 われ汝らのために気づかい、あるいは汝らのうちに働きしことの無益とならんことを恐る。

こんこんたる勧め 12 兄弟たちよ、われも汝らのごとくになれば、こいねがわくは汝らわがごとくになれ。汝らはかつてわれを害せしことなし、13 かえって知れるごとく、わが初め福音を汝らに述べし時、身体の虚弱をもってし、その身体汝らの試みとなれるを、14 卑しむことなく嫌うこともなくして、われを神の使のごとく、キリスト・イエズスのごとくにさえ受けたりき。15 汝らの主張せし幸いいずこにかある、われ汝らのために証明す、なし得べくんば汝らおのが目をもえぐりてわれに与えしならん。16 さればわれ汝らに誠を語りて汝らの敵となりたるか、17 かの人々は汝らのために尽力すれども、これ好意にあらず、おのがために尽力せしめんとて汝らをして離れしめんと欲せるなり。18 たえず善事につきて尽力せらるるはよきことなり、わが汝らのうちにある時のみにては足らざるなり。19 わが小子よ、汝らのうちにキリストの形作られ給うまでは、われ汝らのために陣痛に会えり。20 望むらくは汝らのうちにありて声音を変えんことを、そは汝らにつきて当惑すればなり。

律法を守るは今無用なり 21 律法のもとにあらんと欲する者よ、われに語れ、汝ら律法を聞きしことなきか、22 けだし書きしるして、アブラハムに二人の子ありしに、一人は奴隷の女よりし、一人は自由の身なる女よりせり、とあり。23 奴隷の女の子は肉に従いて生まれしに、自由の身なる女の子は約束によりて生まれたり。24 これらのことの言われしは前表にして、かの女は両約をさす、一はシナイ山よりして子を奴隷に生む、これすなわちアガル なり。25 けだしシナイ山はアラビアにありて今のエルザレムに当たり、その子どもとともに奴隷なり。26 されど上なるエルザレムは自由の身にして、これぞわれらの母なる。27 けだし書きしるして、「石女(うまずめ)にして生まざる者よ、喜べ、産せざる者よ、声をあげて呼ばわれ、そは一人残されたる女は夫ある者よりも子多ければなり」とあり。28 兄弟たちよ、われらはイザアクのごとく約束の子なり、29 さて、かの時、肉によりて生まれたりし者が霊によれる者を迫害したりしごとく今もなのしかるなり。30 されど聖書は何とか言える、「奴隷の女とその子とを追い払え、そは奴隷の女の子は自由の身なる女の子とともに世継ぎたるべからざればなり」とあり、31 されば兄弟たちよ、われらは奴隷の女の子にあらず、自由の身なる女の子なり、キリストのわれらを贖い給えるは自由のためなり。

PARS TERTIA

GALATAS HORTATUR UT CHRISTI LIBERTATEM TENEANT

Galatae aut christiani sint aut iudaei

1 State, et nolite iterum iugo servitutis contineri. 2 Ecce ego Paulus dico vobis: quoniam si circumcidamini, Christus vobis nihil proderit. 3 Testificor autem rursum omni homini circumcidenti se, quoniam debitor est universae legis faciendae. 4 Evacuati estis a Christo, qui in lege iustificamini: a gratia excidistis. 5 Nos enim spiritu ex fide, spem iustitiae expectamus. 6 Nam in Christo Iesu neque circumcisio aliquid valet, neque praeputium: sed fides, quae per charitatem operatur.

7 Currebatis bene: quis vos inpedivit veritati non oboedire? 8 Persuasio haec non est ex eo, qui vocat vos. 9 Modicum fermentum totam massam corrumpit. 10 Ego confido in vobis in Domino, quod nihil aliud sapietis: qui autem conturbat vos, portabit iudicium, quicumque est ille. 11 Ego autem, fratres, si circumcisionem adhuc praedico: quid adhuc persecutionem patior? Ergo evacuatum est scandalum crucis. 12 Utinam et abscidantur qui vos conturbant.

Vita carnalis et vita spiritualis

13 Vos enim in libertatem vocati estis, fratres: tantum ne libertatem in occasionem detis carnis, sed per charitatem Spiritus servite invicem. 14 Omnis enim lex in uno sermone impletur: Diliges proximum tuum sicut teipsum. 15 Quod si invicem mordetis, et comeditis, videte ne ab invicem consumamini.

16 Dico autem: Spiritu ambulate, et desideria carnis non perficietis. 17 Caro enim concupiscit adversus spiritum: spiritus autem adversus carnem: haec enim invicem adversantur: ut non quaecumque vultis illa faciatis. 18 Quod si spiritu ducimini, non estis sub lege. 19 Manifesta sunt autem opera carnis: quae sunt fornicatio, immunditia, impudicitia, luxuria, 20 idolorum servitus, veneficia, inimicitiae, contentiones, aemulationes, irae, rixae, dissensiones, sectae, 21 invidiae, homicidia, ebrietates, comessationes, et his similia, quae praedico vobis, sicut praedixi: quoniam qui talia agunt, regnum Dei non consequentur. 22 Fructus autem Spiritus est: charitas, gaudium, pax, patientia, benignitas, bonitas, longanimitas, 23 mannsuetudo, fides, modestia, continentia, castitas. Adversus huiusmodi non est lex. 24 Qui autem sunt Christi, carnem suam crucifixerunt cum vitiis et concupiscentiis. 25 Si spiritu vivimus, spiritu et ambulemus. 26 Non efficiamur inanis gloriae cupidi, invicem provocantes, invicem invidentes.

第三編 実用的訓戒

第一項 自由を奴隷の身分に変うべからず

第五章 ユデア教に服せばキリストの恩寵を失うべし 1 毅然として再び奴隷のくびきに制せらるることなかれ。2 さてわれパウロ汝らに断言す、もし割礼を受けなばキリストはいささかも汝らに益あらざるべし。3 われはまた更に、すべて割礼を受くる人に証明す、彼はことごとく律法を守るべき負債あり。4 律法によりて義とせられんとする人々よ、汝らはキリストを離れたるなり、恩寵より堕落せるなり。5 われらはすなわち[聖]霊をもって信仰によりてこそ義の希望[するところ]を待てるなれ。6 けだしキリスト・イエズスにおいて価値あるは割礼にあらず、無割礼にあらず、愛をもって働くところの信仰これなり。

ガラチア人を欺きし者の罪 7 汝らはよく走りいたりしものを、たれか真理に従わせじとて妨げしぞ、8 かかる勧めは汝らを召し給うものより出でず、9 少しの種はパンの全体を腐敗せしむ、10 わが汝らにつき主によりて希望するところは汝らが別意なからんことこれなり。されどたれにもあれ、汝らを乱す人はその罪を負うべし、11 兄弟たちよ、われもしなお割礼のことを述べ伝うるならば何ぞ迫害を受けつつあらんや。はたしてしからば十字架につまずくことはやみたるならん。12 願わくは汝らをまどわす人々の切り除かれんことを。

霊および肉 13 けだし兄弟たちよ、汝らすでに召されて自由を得たれば、その自由を肉の機会として与うることなく、(霊の)愛をもって互いに仕えよ。14 そは、「汝、近き者をおのれのごとく愛すべし」との一言において律法はことごとく全うせらるればなり。15 されど汝らもし互いに相かみ相食(は)まば、互いに滅ぼされざるよう用心せよ。

霊に従いて歩むべし、肉に従うべからず 16 われは言わん、霊に従いて歩め、さらば肉の欲を行なうまじ。17 けだし肉の望むところは霊に反し、霊の望むところは肉に反す、その相もとるは汝らが欲するところをことごとくなさざらんためなり。18 汝らもし霊に導かるれば律法のもとにあらず。

肉の業 19 さて肉の業はあらわなり、すなわち私通、不潔、わいせつ、邪淫、20 偶像崇拝、魔術、恨み、争い、ねたみ、腹立ち、けんか、擾乱、異説、21 そねみ、人殺し、酩酊、とう食などこれなり。すでにあらかじめ汝らに告げしごとく今も言いおく、かかることをなす人は神の国を得ざるべし。

霊の効果 22 しかるに霊の後悔は、(愛)、喜び、平安、堪忍、慈恵、善良、(忍耐)、23 温良、真実、謹慎、節制、貞操なり、かかるものに向かいては律法あることなし。24 それキリストのものたる人々は、おのが肉身をその悪徳および諸欲とともに十字架につけたるなり。25 われらもし霊によりて生きなば、また霊によりて歩むべし、26 虚栄を好みて相いどみ、相そねむ者となることなかれ。

Exhortationes variae

 1 Fratres, et si praeoccupatus fuerit homo in aliquo delicto, vos, qui spirituales estis, huiusmodi instruite in spiritu lenitatis, considerans teipsum, ne et tu tempteris. 2 Alter alterius onera portate, et sic adimplebitis legem Christi. 3 Nam si quis existimat se aliquid esse, cum nihil sit, ipse se seducit. 4 Opus autem suum probet unusquisque, et sic in semetipso tantum gloriam habebit, et non in altero. 5 Unusquisque enim onus suum portabit. 6 Communicet autem is qui catecizatur verbo, ei qui se catecizat, in omnibus bonis.

7 Nolite errare, Deus non inridetur. 8 Quae enim seminaverit homo, haec et metet. Quoniam qui seminat in carne sua, de carne et metet corruptionem: qui autem seminat in spiritu, de spiritu metet vitam aeternam. 9 Bonum autem facientes, non deficiamus: tempore enim suo metemus non deficientes. 10 Ergo dum tempus habemus, operemur bonum ad omnes, maxime autem ad domesticos fidei.

Conclusio

11 Videte qualibus litteris scripsi vobis mea manu. 12 Quicumque enim volunt placere in carne, hii cogunt vos circumcidi, tantum ut crucis Christi persecutionem non patiantur. 13 Neque enim qui circumciduntur, legem custodiunt: sed volunt vos circumcidi, ut in carne vestra glorientur. 14 Mihi autem absit gloriari, nisi in cruce Domini nostri Iesu Christi: per quem mihi mundus crucifixus est, et ego mundo. 15 n Christo enim Iesu neque circumcisio aliquid valet, neque praeputium, sed nova creatura. 16 Et quicumque hanc regulam secuti fuerint, pax super illos, et misericordia, et super Israel Dei. 17 De caetero nemo mihi molestus sit: ego enim stigmata Dominum Iesu in corpore meo porto.

18 Gratia Domini nostri Iesu Christi, cum spiritu vestro, fratres. Amen

第二項 特別の勧告

第六章 互いに忍ぶべし 1 兄弟たちよ、人もしいざなわれてあやまつことありとも、汝らは霊に導かるる者なれば、おのれもまた、いざなわるることあるべきを省みて、柔和なる精神をもってこれを改善せしめよ。2 汝らは互いの荷を負え、しからばキリストの律法を全うすべし。3 けだし人、何者にもあらざるに何者かなりと思うは自ら欺くなり。4 おのおの、おのが行状をためし見よ、しからば他人に対して誇らず、おのれのみによりて誇るならん、5 そは人おのおの、おのが荷を負うべければなり。

教うる人に対する義務 6 教えを学ぶ人は学ばしむる人にいっさいの持ち物のうちを分け与えよ。7 自ら欺くなかれ、神はあなどられ給うものにあらず、8 人はそのまきしところを刈り取らん、すなわちおのが肉のためにまく人は、また肉より腐敗を刈り取り、霊のためにまく人は、また霊より永遠の生命を刈り取らん。

絶えず善をなすべし 9 われらは善をなすにうむべからず、そは時機至らば、うまずして刈り取るべければなり。10 さればいとまある間は、われらは衆人ことに信仰の家人に善をなすべし。

結末

論証を繰り返す 11 見よ、われ手ずからいかなる大字(たいじ)にて汝らに書き送れるかを。12 およそ肉において人心を得んと欲する人は、しいて汝らに割礼を受けしむ、これ、ただキリストの十字架によりて迫害を受けざらんためのみ。13 かく割礼を受くる人々が自ら律法を守らずして汝らに割礼を受けしめんとするは、汝らの肉身につきて誇らんためなり。

教理上の点を繰り返す 14 われは、わが主イエズス・キリストの十字架においてのほかは決して誇ることなかるべし。彼をもって世はわれにとりて十字架につけられたるものにして、わが世におけるもまたしかり。15 けだしキリスト・イエズスにおいては価値あるは割礼にあらず、無割礼にあらず、新たなる被造物なり。16 たれにもあれ、この法に従える人々の上に、こいねがわくは平安と慈悲とあれかし、神のイスラエルの上にもまたしかあれかし。17 今よりのち、たれもわれをわずらわすべからず、そはわれ、主イエズスの傷あとを身に負えばなり。18 兄弟たちよ、願わくはわが主イエズス・キリストの恩寵、汝らの霊とともにあらんことを。アメン。

みこころネット(表紙)へ

作成日:2006/03/01

最終更新日:2006/03/06

メール:mikami@po.d-b.ne.jp

inserted by FC2 system