新約聖書

ヨハネ第二書

EPISTOLA B. IOANNIS APOSTOLI SECUNDA

Salutatio epistolaris

Senior Electae dominae, et natis eius, quos ego diligo in veritate et non ego solus, sed et omnes qui cognoverunt veritatem, 2 propter veritatem, quae permanet in nobis, et nobiscum erit in aeternum. 3 Sit vobiscum gratia, misericordia, pax a Deo Patre, et a Christo Iesu Filio Patris in veritate, et charitate.

Charitatis mandatum

4 Gavisus sum valde, quoniam inveni de filiis tuis ambulantes in veritate, sicut mandatum accepimus a Patre. 5 Et nunc rogo te domina, non tanquam mandatum novum scribens tibi, sed quod habuimus ab initio, ut diligamus alterutrum. 6 Et haec est charitas, ut ambulemus secundum mandata eius. Hoc est enim mandatum, ut quemadmodum audistis ab initio, in eo ambuletis.

Cavendum a seductoribus

7 Quoniam multi seductores exierunt in mundum, qui non confitentur Iesum Christum venisse in carnem: hic est semductor, et antichristus. 8 Videte vosmetipsos, ne perdatis quae operati estis: sed ut mercedem plenam accipiatis. 9 Omnis qui recedit, et non permanet in doctrina Christi, Deum non habet: qui permanet in doctrina, hic et Patrem et Filium habet. 10 Si quis venit ad vos, et hanc doctrinam non adfert, nolite recipere eum in domum nec AVE ei dixeritis. 11 Qui enim dicit illi AVE, communicat operibus illius malignis.

Conclusio

12 Plura habens vobis scribere, nolus per chartam et atramentum: spero enim me futurum apud vos, et os ad os loqui: ut gaudium vestrum plenum sit.

13 Salutant te filii sororis tuae Electae.

使徒聖ヨハネ第二書簡

挨拶 1 長老は、選みをこうむりたる夫人およびその子ども、すなわちわれならびに、ただわれのみならず、すべて真理を知れる人もまた、2 今われらのうちに留まりて、しかも限りなくわれらとともに存すべき真理に対して誠に愛するところの者に[書簡を送る]。

祈るところ 3 願わくは、恩寵と慈悲と平安とが、父にてまします神および父の御子イエズス・キリストより賜わりて、真理および愛において汝らとともにあらんことを。

本文、愛の必要 4 われ汝の子どものうちに、われらが父より掟を受け奉りしごとくに歩める者あるを認めて、はなはだ喜べり。5 夫人よ、今新しき掟を書き送るものとせず、これを初めより受けたるものとして相愛せんことを汝にこいねがう。6 愛とは、われらがその御掟に従いて歩むべきことこれなり。掟とは、すなわち汝らが初めより聞きたるがままに歩むべきものこれなり。

異説者に用心すべし 7 けだし肉体にて来り給うイエズス・キリストを宣言せざる多くの誘惑者、世に出でたり、これぞ誘惑者にして、また非キリストなる。8 汝ら、おのれに省みて、われらがかつて働きしところを失わず、充満せる報酬を受くるようにせよ。9 すべてキリストの教えに留まらずして退く者は神を有し奉らず、教えに留まる者は父および御子を有し奉る。10 もし汝らに至る者にして、この教えをもたらすことなくば、これを家に入るることなく、これに挨拶することなかれ。11 そはこれに挨拶する人は、その悪しき業にあずかればなり。

結末 12 書き送るべきことなお多くあれども、われは紙と墨とをもってすることを好まず、これ汝らの喜びの全からんために汝らのうちにありて口ずから語らんことを希望すればなり。

伝言 13 選みをこうむりたる汝の姉妹の子ども、汝によろしくと言えり。

みこころネット(表紙)へ

作成日:2006/05/13

最終更新日:2006/05/13

メール:mikami@po.d-b.ne.jp

inserted by FC2 system