新約聖書

フィレモン書

EPISTOLA B. PAULI APOSTOLI AD PHILEMONEM

Salutatio epistolaris

1 Paulus vinctus Christi Iesu, et Timotheus frater: Philemoni dilecto, et adiutori nostro, 2 et Appiae sorori charissimae, et Archippo commilitoni nostro, et Ecclesiae, quae in domo tua est. 3 Gratia vobis, et pax a Deo Patre nostro, et Domino Iesu Christo.

Gratiarum actio

4 Gratias ago Deo meo, semper memoriam tui faciens in orationibus meis, 5 audiens charitatem tuam, et fidem, quam habes in Domino Iesu, et in omnes sanctos: 6 ut communicatio fidei tuae evidens fiat in agnitione omnis boni, quod est in vobis in Christo Iesu. 7 Gaudium enim magnum habui, et consolationem in charitate tua: quia viscera sanctorum requieverunt per te, frater.

Magna fiducia Onesimum commendat

8 Propter quod multam fiduciam habentes in Christo Iesu imperandi tibi quod ad rem pertinet: 9 propter charitatem magis obsecro, cum sis talis, ut Paulus senex, nunc autem et vinctus Iesu Christi: 10 obsecro te pro meo filio, quem genui in vinculis, Onesimo, 11 qui tibi aliquando inutilis fuit, nunc autem et tibi et mihi utilis, 12 quem remisi tibi. Tu autem illum, ut mea viscera, suscipe: 13 quem ego volueram mecum detinere, ut pro te mihi ministraret in vinculis Evangelii: 14 sine consilio autem tuo nihil volui facere, uti ne velut ex necessitate bonum tuum esset, sed voluntarium. 15 Forsitan enim ideo discessit ad horam a te, ut aeternum illum reciperes: 16 iam non ut servum, sed pro servo charissimum fratrem, maxime mihi: quanto autem magis tibi et in carne, et in Domino? 17 Si ergo habes me socium, suscipe illum sicut me: 18 si autem aliquid nocuit tibi, aut debet: hoc mihi inputa. 19 Ego Paulus scripsi mea manu: ego reddam, ut non dicam tibi, quod et teipsum mihi debes: 20 ita frater. Ego te fruar in Domino: refice viscera mea in Domino.

21 Confidens obedientia tua scripsi tibi: sciens quoniam et super id, quod dico, facies.

Salutatio finalis

22 Simul autem et para mihi hospitium: nam spero per orationes vestras donari me vobis.

23 Salutat te Epaphras concaptivus meus in Christo Iesu, 24 Marcus, Aristarchus, Demas, et Lucas, adiutores mei. 25 Gratia Domini nostri Iesu Christi cum spiritu vestro. Amen.

使徒聖パウロ、フィレモンに送りし書簡

冒頭

挨拶 1 キリスト・イエズスの囚人たるパウロおよび兄弟チモテオ、われらが愛するところの助力者フィレモン、最愛の姉妹たるアッピア、戦友たるアルキッポ、2 および汝の家にある教会に[書簡を送る]。3 願わくは、わが父にてまします神および主イエズス・キリストより恩寵と平安とを汝らに賜わらんことを。

感謝 4 われは神に感謝し奉り、わが祈りのうちに常に汝を記念し、主イエズス・キリストにおける、5 またすべての聖徒に対する汝の愛と信仰とを聞きて、6 キリスト・イエズスに対してわれらのうちにある善業のことごとく知れわたれることによりて、汝が信仰のほどこしの有効ならんことをこいねがう。7 兄弟よ、聖徒らの腹わた汝によりて安んぜられたるがゆえに、われは汝の愛につきて大いなる喜びと慰めとを得たり。

事実を述ぶ 8 さればキリスト・イエズスにおいて、事に応じてなすべきところを命ずるは、わがあえてはばからざるところなりといえども、9 むしろ愛に対して勧め、かくのごとくなるわれ、すなわち老人にして、しかも現にイエズス・キリストの囚人たるパウロ、10 鎖にありて生みしところのわが子オネジモのために汝にこいねがう。11 彼はかつて汝に無益なりしかど、今はわれにも汝にも有益なり、12 われはこれを汝に送り返す、願わくは汝わが腹わたのごとくこれを受けんことを。13 われは彼をして汝に代わりて福音のために鎖につながるるわれに仕えしむるよう、われとともに留まらしめんことを欲したれど、14 汝に聞かずしては何ごとをもなすを好まざりき。これ汝の善業をして、やむを得ざるがごとくならず、任意ならしめんがためなり。15 彼が一時汝を離れしは、あるいは汝が永遠にこれを受けて、16 もはや奴隷としてにはあらず、奴隷にまさりて至愛の兄弟となさんためにはあらずや。われには、殊にしかある者なれば、まして汝にとりては肉身においても主においてもしからん。

願い 17 されば汝もしわれを友とせば彼を受け入るること、われにおけるがごとくせよ。18 彼もし汝に損害を与え、あるいは負債あらば、これをわれに負わせよ。19 われパウロ手ずから書きしるせり、われ必ず償うべし。汝がおのれをもってわれに償うべき負債あることは、われこれを言わじ。

福音 20 しかり、兄弟よ、われは主において汝を楽しまん、こう、主においてわが腹わたを安んぜしめよ。21 われ汝の従順を信じ、そのなさんとするところは、わが言うところにまされるを知りて、汝に書き送れるなり。22 さて同時にわがために宿を備えよ、けだしわれはわが身の、汝らの祈りによりて汝らに与えられんことを希望す。

伝言 23 キリスト・イエズスにありて、われとともに囚人たるエパフラ、汝によろしくと言えり。24 わが助力者たるマルコ、アリスタルコ、デマス、ルカもまた同じ。

祝祷 25 願わくは、わが主イエズス・キリストの恩寵、汝らの霊と共にあらんことを、アメン。(2006/04/11 御受難の火曜日 聖スタニスラオ司教殉教者)

みこころネット(表紙)へ

作成日:2006/04/11

最終更新日:2006/04/11

メール:mikami@po.d-b.ne.jp

inserted by FC2 system