新約聖書

フィリッピ書

EPISTOLA B. PAULI APOSTOLI AD PHILIPPENSES

Salutatio epistolaris

1 Paulus et Timotheus servi Iesu Christi omnibus sanctis in Christo Iesu qui sunt Philippis cum episcopis et diaconibus. 2 Gratia vobis, et pax a Deo Patre nostro, et Domino Iesu Christo.

Gratiarum actio et supplicatio

3 Gratias ago Deo meo in omni memoria vestri, 4 semper in cunctis orationibus meis pro omnibus vobis, cum gaudio deprecationem faciens, 5 super communicatione vestra in Evangelio Christi a prima die usque nunc. 6 Confidens hoc ipsum, quia qui coepit in vobis opus bonum, perficiet usque in diem Christi Iesu: 7 sicut est mihi iustum hoc sentire pro omnibus vobis: eo quod habeam vos in corde, et in vinculis meis, et in defensione, et confirmatione Evangelii, socios gaudii mei omnes vos esse. 8 Testis enim mihi est Deus, quomodo cupiam omnes vos in visceribus Iesu Christi.

9 Et hoc oro ut charitas vestra magis ac magis abundet in scientia, et omni sensu: 10. ut probetis potiora, ut sitis sinceri, et sine offensa in diem Christi, 11 repleti fructu iustitiae per Iesum Christum, in gloriam et laudem Dei.

Pauli vincula ad profectum Evangelii contulerunt

12 Scire autem vos volo fratres, quia quae circa me sunt, magis ad profectum venerunt Evangelii: 13 ita ut vincula mea manifesta fierent in Christo in omni praetorio, et in caeteris omnibus, 14 et plures e fratribus in Domino confidentes vinculis meis, abundantius auderent sine timore verbum Dei loqui. 15 Quidam quidem et propter invidiam et contentionem: quidam autem et propter bonam voluntatem Christum praedicant, 16 quidam ex charitate, scientes quoniam in defensionem Evangelii positus sum. 17 Quidam autem ex contentione Christum annuntiant non sincere, existimantes pressuram se suscitare vinculis meis. 18 Quid enim? Dum omni modo sive per occasionem, sive per veritatem, Christus annuntietur: et in hoc gaudeo, sed et gaudebo. 19 Scio enim quia hoc mihi proveniet in salutem, per vestram orationem, et subministrationem Spiritus Iesu Christi, 20 secundum expectationem et spem meam, quia in nullo confundar: sed in omni fiducia sicut semper, et nunc magnificabitur Christus in corpore meo, sive per vitam, sive per mortem.

21 Mihi enim vivere Christus est, et mori lucrum. 22 Quod si vivere in carne, hic mihi fructus operis est, et quid eligam ignoro. 23 Coarctor autem e duobus: desiderium habens dissolvi, et esse cum Christo, multo magis melius: 24 permanere autem in carne, necessarium propter vos. 25 Et hoc confidens scio quia manebo, et permanebo omnibus vobis ad profectum vestrum, et gaudium fidei: 26. ut gratulatio vestra abundet in Christo Iesu in me, per meum adventum iterum ad vos.

Digne Evangelio conversandum

27 Tantum digne Evangelio Christi conversamini: ut sive cum venero, et videro vos, sive absens audiam de vobis, quia statis uno spiritu unianimes, conlaborantes fidei Evangelii: 28. et in nullo terreamini ab adversariis: quae illis est causa perditionis, vobis autem salutis, et hoc a Deo: 29 quia vobis donatum est pro Christo, non solum ut in eum credatis, sed ut etiam pro illo patiamini: 30 idem certamen habentes, quale et vidistis in me, et nunc audistis de me.

使徒聖パウロ、フィリッピ人に送りし書簡

冒頭

第一章 挨拶 1 イエズス・キリストのしもべたるパウロおよびチモテオ、すべてフィリッピにおいてキリスト・イエズスにある聖徒ならびに監督および執事等に[書簡を送る]。2 願わくは、わが父にてまします神および主イエズス・キリストより恩寵と平安とを汝らに賜わらんことを。

パウロの感謝 3 われ汝らを思い起こすごとに、わが神に感謝し、4 すべての祈祷において常に汝ら一同のために喜びて懇願し奉る。5 けだし汝ら最初の日より今日に至るまでキリストの福音のために協力したれば、6 汝らのうちに善業を始め給いし者の、キリスト・イエズスの日まで、これを全うし給わんことを信頼せり。

フィリッピ人における希望 7 汝ら一同につきて、わがかく思えるは至当のことなり、そは汝らわが心にあり、またわが縄目のうちにあるにも、福音を弁護してこれを固むるにも、汝らみなわれとともに恩寵にあずかればなり。8 けだし、わがキリストの腹わたをもって、いかばかり汝ら一同を恋い慕うかは、神わがためにこれを証し給う。9 わが祈るところは、すなわち汝らの愛がますます知識とすべての悟りとに富み、10 汝らがひとしお良きことをわきまえて、キリストの日に至るまで清くとがなくして、11 イエズス・キリストによりて神の光栄と賛美とのために、義の効果に満たされんことこれなり。

第一項 パウロ自身の音信(おとずれ)

パウロの患難は福音の伝播に益せり 12 兄弟たちよ、われ汝らの知らんことを欲す、わが身に関する事がらは、かえって福音の裨益となるに至りしことを。13 すなわち、わが縄目に会えることのキリストのためなるは、近衛兵の全営にもいずこにも明らかに知られたり。14 かくて兄弟中の多数は、わが縄目のゆえに主を頼み奉りて、ひとしおはばからず神の御言葉を語るに至れり。15 実はそねみと争いとのためにキリストを述ぶる者あれど、好意をもってする者もあり、16 また福音を守護せんためにわが置かれたるを知りて、愛情よりする人もあれば、17 真心を持たず、縄目におけるわが困難を増さんことを思い党派心よりキリストのことを説く者もあり。18 さりとて何かあらん、いかようにもあれ、あるいは口実としてなりとも、あるい死ぬると生きて働くといずれにせんか 21

は真心をもってなりとも、キリスト宣伝せられ給えば、われはこれを喜ぶ、[以後も]また喜ばん。

パウロ自身の境遇につきての所感 19 そはわれ、汝らの祈りとイエズス・キリストの霊の助力とによりて、このことのわが救いとなるべきを知ればなり。20 これわが待てるところ、希望せるところにかなえり、すなわちわれ何においても恥ずることなかるべく、かえっていつもしかあるごとく、今もまた、生きても死してもキリストは完全にわが身においてあがめられ給うべきなり。

死ぬると生きて働くといずれにせんか 21 けだしわれにとりて生くるはキリストなり、死ぬるは益なり。22 もし肉身において生くることが、われに事業の効果あるべくば、そのいずれを選むべきかはわれこれを示さず、23 われは双方にはさまれり、立ち去りてキリストとともにあらんことを望む、これわれにとりて最も良きことなり、24 されどわが肉身に留まることは汝らのためになお必要なり。25 かく確信するがゆえに、われは汝らの信仰の進歩と喜びとを来さんために汝ら一同とともに留まり、かつ逗留すべきことを知る。26 われ再び汝らに至らば、キリスト・イエズスにおいて、われにつきて汝らの誇るところはいや増すべし。

第二項 実用的勧告

信徒一致の義務 27 汝らはただキリストの福音にふさわしく生活せよ、これわがあるいは至りて汝らを見る時も、あるいは離れて汝らのことを聞く時も、汝らが同一の精神、同一の心をもって立てることと、福音の信仰のために一致して戦うことと、28 いささかも敵に驚かされざることとを知らんためなり。この驚かされざることこそ、敵には滅びの印、汝らには救霊の印にして、神より出ずるものなれ。29 そは汝らキリストのために賜わりたるは、ただこれを信ずることのみならず、またこれがために苦しむことなればなり。30 汝らの会える戦いは、かつてわれにおいて見しところ、またわれにつきて聞きしところに等しきものなり。

Sui oblitus unusquisque quae aliorum sunt quaerat

1 Si qua ergo consolatio in Christo, si quod solacium charitatis, si qua societas spiritus, si qua viscera et miserationis: 2 implete gaudium meum ut idem sapiatis, eamdem charitatem habentes, unanimes, idipsum sentientes, 3 nihil per contentionem, neque per inanem gloriam: sed in humilitate superiores sibi invicem arbitrantes, 4 non quae sua sunt singuli considerantes, sed et ea quae aliorum.

Christi exemplum

5 Hoc enim sentite in vobis, quod et in Christo Iesu: 6 qui cum in forma Dei esset, non rapinam arbitratus est esse se aequalem Deo: 7 sed semetipsum exinanivit formam servi accipiens, in similitudinem hominum factus, et habitu inventus ut homo. 8. Humiliavit semetipsum factus obediens usque ad mortem, mortem autem crucis. 9 Propter quod et Deus illum exaltavit illum,et donavit illi nomen, quod est super omne nomen: 10. ut in nomine Iesu omne genu flectatur caelestium, et terrestrium et infernorum, 11. et omnis lingua confiteatur, quia Dominus Iesus Christus in gloria est Dei Patris.

Quomodo de propria salute curandum

12 Itaque charissimi mei(sicut semper obedistis)non ut in praesentia mei tantum, sed multo magis nunc in absentia mea, cum metu et tremore vestram salutem operamini. 13. Deus est enim, qui operatur in vobis et velle, et perficere pro bona voluntate. 14 Omnia autem facite sine murmurationibus et haesitationibus: 15 ut sitis sine querella, et simplices filii Dei, sine reprehensione in medio nationis pravae et perversae: inter quos lucetis sicut luminaria in mundo, 16 verbum vitae continentes ad gloriam meam in die Christi, quia non in vacuum cucurri, neque in vacuum laboravi. 17 Sed et si immolor supra sacrificium, et obsequium fidei vestrae, gaudeo, et congratulor omnibus vobis. 18. Idipsum autem et vos gaudete, et congratulamini mihi.

Cooperatores commendat

19 Spero autem in Domino Iesu, Timotheum me cito mittere ad vos: ut et ego bono animo sim, cognitis quae circa vos sunt. 20 Neminem enim habeo tam unanimem, qui sincera affectione pro vobis sollicitus sit. 21 Omnes enim quae sua sunt quaerunt, non quae sunt Iesu Christi. 22 Experimentum autem eius cognoscite, quia sicut patri filius, mecum servivit in Evangelio. 23 Hunc igitur spero me mittere ad vos, mox ut videro quae circa me sunt. 24 Confido autem in Domino quoniam et ipse veniam ad vos cito.

25 Necessarium autem existimavi Epaphroditum fratrem, et cooperatorem, et commilitonem meum, vestrum autem apostolum, et ministrum necessitatis meae, mittere ad vos: 26 quoniam quidem omnes vos desiderabat: et moestus erat, propterea quod audieratis illum infirmatum. 27 Nam et infirmatus est usque ad mortem: sed Deus misertus est eius: non solum autem eius, verum etiam et mei, ne tristitiam super tristitiam haberem. 28 Festinantius ergo misi illum, ut viso eo iterum gaudeatis, et ego sine tristitia sim. 29 Excipite itaque illum cum omni gaudio in Domino, et eiusmodi cum honore habetote; 30 quoniam propter opus Christi usque ad mortem accessit, tradens animam suam ut impleret id quod ex vobis deerat erga meum obsequium.

第二章 謙遜に基きて一致すべし 1 もし幾ばくのキリストにおける勧め、幾ばくの愛による慰め、幾ばくの聖霊の交わり、幾ばくのあわれみの腹わたあらば、2 汝らわが喜びを満たせよ。すなわち心を同じゅうし、愛を同じゅうし、同心同意にして、3 何ごとも党派心、虚栄心のためにせず、謙遜して互いに人をおのれにまされる者と思い、4 おのおの、おのがことのみを顧みずして他人のことを顧みよ。

模範はキリストなり 5 汝ら志すことはキリスト・イエズスのごとくなれ、6 すなわち彼は神の形にましまして神と並ぶことを盗みとは思い給わざりしも、7 おのれをなきものとして奴隷の形をとり人に似たるものとなり、外貌において人のごとく見え、8 自らへりくだりて、死、しかも十字架上の死に至るまで従える者となり給いしなり。

その謙遜の報い 9 このゆえに神もまたこれを最上にあげて、賜うにいっさいの名にまされる名をもってし給えり、10 すなわちイエズスのみ名に対しては、天上のもの、地上のもの、地獄のもの、ことごとく膝をかがむべく、11 またすべての舌は父にてまします神の光栄のために、イエズス・キリストの主にましませることを公言すべし。

救霊を全うすべし 12 さればわが至愛なる者よ、汝らが常に従いしごとく、わが面前にある時のみならず、今不在の時にあたりても、ひとしお恐れおののきつつ、おのが救霊を全うせよ、13 そは志すことと、しとぐることは、神がご好意をもって汝らのうちになさしめ給うところなればなり。

世に及ぼす影響 14 汝らつぶやくことなく、争うことなく、いっさいのことを行なえ、15 これ汝らが悪しくかつよこしまなる代にありて、とがむべきところなく、神の純粋なる子どもとしてとがなき者とならんためなり。汝らはかかる人々の間に世界における星のごとく光りて、16 生命の言葉を保てり、かくてわが走りしことのむなしからず、労せしことのむなしからずして、キリストの日においてわが名誉となるべし。

キリストのためにほふられんことを喜ぶ 17 たとい汝らの信仰の供え物と祭との上にわが[血は]注がるるも、われはこれを喜びて汝ら一同とともにこれを祝す、18 汝らもこれを喜びてわれとともに祝賀せよ。

第三項 パウロ、フィリッピに遣わさんとする人々を賞賛す

チモテオのこと 19 われも汝らのことを知りて心を安んぜんため、速かにチモテオを汝らに遣わさんことを主イエズスにおいて希望す。20 そはかくまでわれと同心して、真心をもって汝らのためにおもんぱかる人、またほかにあらざればなり。21 けだし人はみなイエズス・キリストのことを求めず、おのがことを求む、22 といえども彼が福音のために、子の父におけるごとくわれとともに努めたるは、汝らがその証を知れるところなり。23 さればわが身の上の成り行きを見ば、ただちに彼を汝らに遣わさんことを期せり。

エパフロジトのこと 14 われは自らもまた、ほどなく汝らに至るべきことを主において信頼す。25 されどわれ思うに、汝らより遣わされてわが要するところを供せしわが兄弟にして協力者たり戦友たるエパフロジトを汝らに遣わさざるべからず。26 けだし彼は汝ら一同を恋い慕い、その病める由の汝らに聞こえしとて憂いいたりしなり。27 実に彼は病にかかりて死ぬばかりになりたれど、神は彼をあわれみ給い、ただに彼のみならず、わが悲しみの上にまた悲しみの重ならざるよう、われをもあわれみ給えり。28 このゆえに彼を見ることによりて更に汝らを喜ばせ、わが憂いをも減ぜんために、ひとしお早く彼を遣わせるなり。29 されば汝ら主において厚く彼を歓迎し、丁重にかかる人物を待遇せよ、30 そは彼、われを助けて汝らの欠けたるところを補わんと、キリストの事業のために生命を投じて死を冒したればなり。

Cavendum a iudaizantibus Pauli exemplo

1 De caetero fratres mei gaudete in Domino. Eadem vobis scribere, mihi quidem non pigrum, vobis autem necessarium..

2 Videte canes, videte malos operarios, videte concisionem. 3 Nos enim sumus circumcisio, qui spiritu servimus Deo, et gloriamur in Christo Iesu, et non in carne fiduciam habentes, 4 quamquam ego habeam confidentiam et in carne. Si quis alius videtur confidere in carne, ego magis, 5 circumcisus octavo die, ex genere Israel, de tribu Beniamin, Hebraeus ex Hebraeis, secundum legem pharisaeus, 6 secundum aemulationem persequens Ecclesiam Dei, secundum iustitiam, quae in lege est, conversatus sine querela. 7 Sed quae mihi fuerunt lucra, haec arbitratus sum propter Christum detrimenta. 8 Verumtamen existimo omnia detrimentum esse propter eminentem scientiam Iesu Christi Domini mei: propter quem omnia detrimentum feci, et arbitror ut stercora, ut Christum lucri faciam, 9 et inveniar in illo non habens meam iustitiam, quae ex lege est, sed illam, quae ex fide est Christi Iesu:quae ex Deo est iustitia in fide, 10 ad cognoscendum illum, et virtutem resurrectionis eius, et societatem passionum illius: configuratus morti eius: 11 si quo modo occurram ad resurrectionem, quae est ex mortuis: 12 non quod iam acceperim, aut iam perfectus sim: sequor autem, si quomodo conprehendam in quo et conprehensus sum a Christo Iesu. 13 Fratres, ego me non arbitror conprehendisse. Unum autem, quae quidem retro sunt obliviscens, ad ea vero quae sunt priora, extendens meipsum, 14. ad destinatum persequor, ad bravium supernae vocationis Dei in Christo Iesu. 15 Quicumque ergo perfecti sumus, hoc sentiamus: et si quid aliter sapitis, et hoc vobis Deus revelabit. 16 Verumtamen ad quod pervenimus ut idem sapiamus, et in eadem permaneamus regula.

17 Imitatores mei estote fratres, et observate eos qui ita ambulant, sicut habetis formam nostram. 18 Multi enim ambulant, quos saepe dicebam vobis(nunc autem et flens dico)inimicos crucis Christi: 19 quorum finis interitus: quorum deus venter est: et gloria in confusione ipsorum, qui terrena sapiunt. 20 Nostra autem conversatio in caelis est: unde etiam Salvatorem expectamus Dominum nostrum Iesum Christum, 21 qui reformabit corpus humilitatis nostrae, configuratum corpori claritatis suae secundum operationem, qua etiam possit subiicere sibi omnia.

第四項 偽教師に用心して完徳に進むべし

第三章 ユデア教主義の人に対する心得 1 そのほか、わが兄弟たちよ、汝ら主において喜べ、繰り返して同じことを書き送るも、われは飽くことなして、しかも汝らに益あり。2 汝ら、かの犬どもに用心し、悪しき働き手に用心し、にせの割礼に用心せよ。3 けだし霊によりて神を礼拝し、肉身を頼まずしてキリスト・イエズスに誇れるわれらこそ割礼なれ。

パウロもユデア教の徳を有す 4 されどわれは肉身にも頼むことを得、他人もし肉身に頼むを得とせば、われはなおさらのことなり。5 われは八日目に割礼を受けてイスラエルの末ベンヤミンの族、ヘブレオ人よりのヘブレオ人、律法に対してはファリザイ人、6 奮発につきては神の教会を迫害せし者、律法によれる義につきてはとがなく生活せし者なり。7 しかるにわが益となりしこれらのことを、われはキリストに対して損なりと認めたり。8 しかもわが主イエズス・キリストを知るの超越せる学識に対しては、いっさいのことみな損なるを思う。われキリストのためにいっさいの損失をこうむりしかど、これを見ること糞土のごとし。これキリストをもうけ奉らんためにして、9 また律法によれるわが義を有せず、キリスト・イエズスにおける信仰よりの義、すなわち信仰によりて神より出ずる義を有しつつキリストにおいて認められんため、10 キリストを知り、キリストの復活の能力を知り、キリストの死にかたどれる者となり、その苦しみにあずからんため、11 いかにもして死者のうちより復活するに至らんためなり。

完全とならんことを努む 12 かく言えばとて、われすでに達することを得、あるいは完全になりたるにはあらず、ただわれキリスト・イエズスに捕えられたれば、いかにもしてこれを捕え奉らんと追求するのみ、13 兄弟たちよ、われ捕えたりと思わず、努むるところはただ一つ、すなわち、あとのことを忘れて先のことに向かい、14 神がイエズス・キリストによりて上に召し給えるところのほうびを得んとて目的を追求するのみ、15 さて完全となる[に進む]われらは、志すこと、みなかくのごとくなるべし。汝らもし何らかの異議あらば神はこれをも汝らに示し給わん。16 ただし、すでに至れるところよりして、われらは進むべきなり。

わがあとを慕うべきことを勧む 17 兄弟たちよ、われを学べ、また汝らがわれらを型とせるごとくに歩める人々に注目せよ。18 けだしわれ、しばしば汝らに言えるごとく今なお泣きつつ言う、キリストの十字架の敵として歩む人多く、19 その果は滅びなり、彼らは腹をその神となし、恥ずべきことを誇りとなし、世のことをのみ味わう。

真信徒の希望 20 しかれどもわれらの国籍は天にありて、われらはわが主イエズス・キリストの救い主として天より来り給うを待つなり。21 彼はよく万物をおのれに服せしむるを得給う力をもって、われらが卑しき体を変ぜしめ、おのが栄光の体にかたどらしめ給うべし。

PARS ALTERA

De concordia servanda

1 Itaque fratres mei charissimi, et desiderantissimi, gaudium meum, et corona mea: sic state in Domino, charissimi. 2 Evodiam rogo, et Syntychen deprecor, idipsum sapere in Domino. 3 Etiam rogo et te, germane conpar, adiuva illas, quae mecum laboraverunt in Evangelio cum Clemente, et caeteris adiutoribus meis, quorum nomina sunt in libro vitae.

4 Gaudete in Domino semper: iterum dico gaudete. 5. Modestia vestra nota sit omnibus hominibus: 6 Nihil solliciti sitis: sed in omni oratione et obsecratione, cum gratiarum actione petitiones vestrae innotescant apud Deum. 7 Et pax Dei, quae exsuperat omnem sensum, custodiat corda vestra, et intellegentias vestras in Christo Iesu.

8 De caetero fratres, quaecumque sunt vera, quaecumque pudica, quaecumque iusta, quaecumque sancta, quaecumque amabilia, quaecumque bonae famae, siqua virtus, siqua laus disciplinae, haec cogitate. 9 Quae et didicistis, et accepistis, et audistis, et vidistis in me, haec agite: et Deus pacis erit vobiscum.

Gratus Pauli animus in Philippenses

10 Gavisus sum autem in Domino vehementer, quoniam tandem aliquando refloruistis pro me sentire, sicut et sentiebatis: occupati autem eratis. 11 Non quasi propter penuriam dico: ego enim didici, in quibus sum, sufficiens esse. 12 Scio et humiliari, scio et abundare(bique et in omnibus institutus sum): et satiari, et esurire, et abundare, et penuriam pati. 13 Omnia possum in eo qui me confortat. 14 Verumtamen bene fecistis, communicantes tribulationi meae. 15 Scitis autem et vos Philippenses, quod in principio Evangelii, quando profectus sum a Macedonia, nulla mihi Ecclesia communicavit in ratione dati et accepti, nisi vos soli: 16 quia et Thessalonicam et semel et bis in usum mihi misistis. 17 Non quia quaero datum, sed requiro fructum abundantem in ratione vestra. 18 Habeo autem omnia, et abundo: repletus sum, acceptis ab Epaphrodito quae misistis odorem suavitatis, hostiam acceptam, placentem Deo. 19 Deus autem meus impleat omne desiderium vestrum secundum divitias suas in gloria in Christo Iesu. 20 Deo autem et Patri nostro gloria in saecula saeculorum. Amen.

Salutatio finalis

21 Salutate omnem sanctum in Christo Iesu. 22 Salutant vos, qui mecum sunt, fratres. 22 Salutant vos omnes sancti, maxime autem qui de Caesaris domo sunt.

23 Gratia Domini nostri Iesu Christi cum spiritu vestro. Amen.

第五項 種々の勧告および感謝

第四章 平和と一致とを勧む 1 さればわが至愛にして、いとなつかしき兄弟たちよ、わが喜び、わが冠なる至愛の者よ、主においてかくのごとく立て、2 われエヴォジアにも勧め、シンチケにも勧む、主において心を同じゅうせんことを。3 くびきをともにする忠実なる友よ、われ汝にも、これらの女を助けんことをこいねがう。彼らはクレメンスと生命の書に名をしるされたる他のわが助力者とともに、われに伴いて福音のために働きしなり。

喜びと祈祷とを勧む 4 汝ら常に主において喜べ。われ重ねて言う、喜べ。5 汝ら温良なること、すべての人に知れよかし、主は近くましますなり。6 何ごとをも思いわずらうなかれ、ただ万事につきて祈祷と懇願と感謝とによりて、汝らの願いは神に知られよかし、7 かくていっさいの知恵にまされる神の平安はキリスト・イエズスにおいて汝らの心と思いとを守るべし。

完徳の要点 8 そのほか兄弟たちよ、すべて誠なること、すべて尊ぶべきこと、すべて正しきこと、すべていさぎよきこと、すべて愛らしきこと、すべて好評あること、いかなる徳も、規律のいかなる誉も、汝らこれをおもんぱかれ。9 汝ら、われにつきて学びしこと、受けしこと、聞きしこと、見しことはこれを行なえ、かくて平和の神、汝らとともにましまさん。

末文

フィリッピ人の数度の補助を謝す 10 汝らわが身の上を思う心の、ついにまたきざしたることを、われ主においてはなはだ喜べり。汝らはもとよりわれを思いいたれど機会を得ざりしなり。

利己のためにあらず 11 われは欠乏によりてこれを言うにあらず、そはあるがままにて事足れりとするは、わが学びたるところなればなり。12 われは卑しめらるることを知り、また豊かなることをも、飽くことをも、飢うることをも、欠乏をしのぐことをも知りて、何ごとをもいっさいにつけて練習せり。13 われを強め給う者においていっさいのこと、わがなし得ざるはなし。14 さりながら汝らは誠によくわが困難を助けたり。15 フィリッピ人よ、汝らも知れり、わが福音を伝うる初め、マケドニアを出発せし時には、いずれの教会も、やり取りの風をもってわれに交わらず、汝らのみこれをなして、16 一たびも二たびもテサロニケに送りて、わが用に供したりき。

フィリッピ人の利益となるゆえなり 17 われ贈り物を求むるにはあらず、ただ汝らの利益となる効果の豊かならんことを求むるなり。18 われには何ごとも備わりて余りあり、汝らが贈りし物のその香りかんばしく、神のみ心にかないて嘉納せらるる犠牲を、エパフロジトより受けて飽き足れり。19 わが神はおのが富によりて、光栄のうちに汝らの要するところを、ことごとくキリスト・イエズスにおいて満たし給うべし。20 願わくは、わが父にてまします神に世々光栄あらんことを、アメン。

伝言 21 キリスト・イエズスにある聖徒のおのおのによろしく伝えよ。22 われとともにある兄弟たち汝らによろしくと言えり。すべての聖徒、ことにセザルの家に属する人々、汝らによろしくと言えり。

祝祷 23 願わくは、わが主イエズス・キリストの恩寵、汝らの霊とともにあらんことを、アメン。

みこころネット(表紙)へ

作成日:2006/03/13

最終更新日:2006/03/16

メール:mikami@po.d-b.ne.jp

inserted by FC2 system