新約聖書

テサロニケ後書

EPISTOLA B. PAULI APOSTOLI AD THESSALONICENSES SECUNDA

Salutatio epistolaris

1 Paulus, et Silvanus, et Timotheus: Ecclesiae Thessalonicensium in Deo Patre nostro, et Domino Iesu Christo. 2 Gratia vobis, et pax a Deo Patre nostro, et Domino Iesu Christo.

PARS PRIOR

DE PAROUSIA

Gratiarum actio pro Thessalonicensium fide

3 Gratias agere debemus Deo semper pro vobis, fratres, ita ut dignum est, quoniam supercrescit fides vestra, et abundat charitas uniuscuiusque vestrum in invicem: 4 Ita ut et nos ipsi in vobis gloriemur in Ecclesiis Dei, pro patientia vestra; et fide, et in omnibus persecutionibus vestris, et tribulationibus, quas sustinetis 5 in exemplum iusti iudicii Dei, ut digni habeamini regno Dei, pro quo et patimini. 6 Si tamen iustum est apud Deum retribuere tribulationem iis qui vos tribulant: 7 et vobis, qui tribulamini, requiem nobiscum in revelatione Domini Iesu de caelo cum angelis virtutis eius, 8 in flamma ignis dantis vindictam iis qui non noverunt Deum, et qui non obediunt Evangelio Domini nostri Iesu Christi, 9 qui poenas dabunt in interitu aeternas a facie Domini, et a gloria virtutis eius: 10 cum venerit glorificari in sanctis suis, et admirabilis fieri in omnibus, qui crediderunt, quia creditum est testimonium nostrum super vos in die illo.

11 In quo etiam oramus semper pro vobis: ut dignetur vos vocatione sua Deus noster, et impleat omnem voluntatem bonitatis, et opus fidei in virtute, 12 ut clarificetur nomen Domini nostri Iesu Christi in vobis, et vos in illo secundum gratiam Dei nostri, et Domini Iesu Christi.

使徒聖パウロ、テサロニケ人に送りしのちの書簡

冒頭

第一章 挨拶 1 パウロ、シルヴァノおよびチモテオ、わが父にてまします神および主イエズス・キリストにあるテサロニケ人の教会に[書簡を送る]。2 願わくは、わが父にてまします神および主イエズス・キリストより恩寵と平安とを汝らに賜わらんことを。

感謝 3 兄弟たちよ、われらは絶えず汝らにつきて相当に神に感謝せざるべからず。これ汝らの信仰をますます増加して、めんめんの愛情もみな互いに豊かなればなり。4 さればわれら自らも汝らをもって、すなわちその忍べるすべての迫害および患難における忍耐と信仰とをもって、神の諸教会の間に誇りとす。5 この患難は神の正しき審判の印にして、汝らが神の国のために苦しみてこれに入るに足る者とせられんためなり。6 そは汝らを悩ます人々に悩みをもって報い給うは、神にとりて正当のことなれば、7 悩める汝らにも、われらとともに安息を賜うこと正当なり。これ主イエズス、その能力の天使たちを従えて天より現われ給う時のことにして、8 すなわち炎のうちにおいて、神を知らざる人々、わが主イエズス・キリストの福音に従わざる人々に報い給う時にあたりて、9 彼らは主の御顔とその能力の光栄とを離れて、終わりなき滅びの罰を受けん、10 その時、主来り給いて、その聖徒によりて光栄を受け給い、信じたるすべての人より誉を得給うべし、これ、われらの証するところ汝らに信ぜられたればなり。

祈祷 11 ゆえに、われら常に汝らのために祈りて、わが神汝らをしてその召しにかなわしめ、かつ及ぶかぎり、すべての善意と信仰の業とを全うし給わんことを願い奉る。12 これわが神と主イエズス・キリストとの恩寵によりて、わが主イエズス・キリストのみ名、汝らのうちに光栄を着せられ、汝らも彼にありて光栄を得んためなり。

De Domini adventus minime turbentur

1 Rogamus autem vos, fratres, per adventum Domini nostri Iesu Christi, et nostrae congregationis in ipsum: 2 ut non cito moveamini a vestro sensu, neque terreamini, neque per spiritum, neque per epistolam tamquam per nos missam, quasi instet dies Domini.

3 Ne quis vos seducat ullo modo: quoniam nisi venerit discessio primum, et revelatus fuerit homo peccati filius perditionis, 4 qui adversatur, et extollitur supra omne, quod dicitur Deus, aut quod colitur, ita ut in templo Dei sedeat ostendens se tamquam sit Deus. 5 Non retinetis quod cum adhuc essem apud vos, haec dicebam vobis? 6 Et nunc quid detineat scitis, ut reveletur in suo tempore. 7 Nam mysterium iam operatur iniquitatis: tantum ut qui tenet nunc, teneat, donec de medio fiat. 8 Et tunc revelabitur ille iniquus, quem Dominus Iesus interficiet spiritu oris sui, et destruet inlustratione adventus sui eum: 9 cuius est adventus secundum operationem Satanae in omni virtute, et signis, et prodigiis mendacibus, 10 et in omni seductione iniquitatis iis qui pereunt: eo quod charitatem veritatis non receperunt ut salvi fierent. Ideo mittet illis Deus operationem erroris ut credant mendacio, 11 ut iudicentur omnes qui non crediderunt veritati, sed consenserunt iniquitati.

De electione Thessalonicensium gratias agit

12 Nos autem debemus gratias agere Deo semper pro vobis, fratres dilecti a Deo, quod elegerit vos Deus primitias in salutem in sanctificatione spiritus, et in fide veritatis: 13. in qua et vocavit vos per Evangelium nostrum in acquisitionem gloriae Domini nostri Iesu Christi. 14 Itaque fratres state: et tenete traditiones, quas didicistis, sive per sermonem, sive per epistolam nostram.

15 Ipse autem Dominus noster Iesus Christus, et Deus et Pater noster, qui dilexit nos, et dedit consolationem aeternam, et spem bonam in gratia, 16 exhortetur corda vestra, et confirmet in omni opere et sermone bono.

第一編 教理上すなわちキリストおよび世の終わりのこと

第二章 忠告 1 兄弟たちよ、わが主イエズス・キリストの再臨につき、またわれらがこれと一致すべきことにつきては、あるいは霊により、2 あるいはわれらより出でしがごとき物語、あるいは書簡によりて、主の日迫れりとて汝らがたやすく本心より動かされず、また驚かされざらんことをこいねがう。

キリストの再臨に先立つべき事項 3 たれにも決して欺かるることなかれ、けだし、まず棄教のこと来りて、罪の人すなわち滅びの子現わるるにあらずば、[主の日は来らじ]。4 彼は反対して、いっさいのいわゆる神または礼拝物に激しく立ち逆らい、神殿に坐して自ら神たるがごとく、おのれを示すにすら至るべし。5 わがなお汝らのうちにありし時、これらのことを言いいたりしを汝らは記憶せざるか。

非キリストの出現を留むる者 6 かの時期に至りて現われしめんために、今彼を留むる者の何たるかは汝らの知るところなり。7 けだし不義の奥義はすでに活動せり、ただし今これを留めつつある者の除かるるまでなり。8 その時かの不義者表わされ、主イエズスみ口の息をもってこれを殺し、おのが降臨の光栄をもってこれを滅ぼし給うべし、9 かの者の来るはサタンの勢力によることにして、いっさいの異能の業と印と偽りの奇跡と、10 不義のまどわしとをつくして滅ぶる人々に当たらん。これ彼らが救わるるよう真理の愛を受けざりしゆえなり。されば神、そのうちにまどいを働かしめ給いて彼らは偽りを信ずるに至らん。11 これ真理を信ぜずして不義に同意したる人々のことごく審判せられんためなり。

慰めの言葉 12 されど主に愛せられ奉る兄弟たちよ、われらは常に汝らのために神に感謝し奉るべきなり、そは神、[聖]霊によれる成聖と真理の信仰とによりて救霊を得しむべく、もとより汝たを選み給いたればなり。13 われらの福音をもって汝らをこれに召し給いしも、わが主イエズス・キリストの光栄を得しめ給わんためなり。

堅固ならんことを勧む 14 されば兄弟たちよ、毅然としてわれらのあるいは物語、あるいは書簡によりて習いし伝えを守れ。15 願わくは、わが主イエズス・キリスト御自ら、ならびにわれらを愛し給いて、恩寵による永遠の慰めと良き希望とを賜いしわが父にてまします神、16 汝らの心を勧めてすべての良き業と言葉とに固うし給わんことを。

PARS ALTERA

MONITA VARIA

Preces Thessalonicensium postulat

1 De caetero, fratres, orate pro nobis ut sermo Domini currat, et clarificetur, sicut et apud vos: 2 et ut liberemur ab inportunis, et malis hominibus: non enim omnium est fides. 3 Fidelis autem Dominus est, qui confirmabit vos, et custodiet a malo. 4 Confidimus autem de vobis, in Domino, quoniam quae praecipimus, et facitis, et facietis. 5 Dominus autem dirigat corda vestra in charitate Dei, et patientia Christi.

Non inquiete ambulandum

6 Denuntiamus autem vobis, fratres, in nomine Domini nostri Iesu Christi, ut subtrahatis vos ab omni fratre ambulante inordinate, et non secundum traditionem, quam acceperunt a nobis. 7 Ipsi enim scitis quemadmodum oporteat imitari nos: quoniam non inquieti fuimus inter vos: 8 neque gratis panem manducavimus ab aliquo, sed in labore, et in fatigatione, nocte et die operantes, ne quem vestrum gravaremus. 9 Non quasi non habuerimus potestatem, sed ut nosmetipsos formam daremus vobis ad imitandum nos. 10 Nam et cum essemus apud vos, hoc denuntiabamus vobis: quoniam si quis non vult operari, nec manducet

11 Audimus enim inter vos quosdam ambulare inquiete, nihil operantes, sed curiose agentes. 12 Iis autem qui eiusmodi sunt, denuntiamus, et obsecramus in Domino Iesu Christo, ut cum silentio operantes, suum panem manducent. 13 Vos autem, fratres, nolite deficere benefacientes. 14 Quod si quis non obedit verbo nostro per epistolam, hunc notate, et ne commisceamini cum illo ut confundatur: 15 et nolite quasi inimicum existimare, sed corripite ut fratrem.

16 Ipse autem Dominus pacis det vobis pacem sempiternam in omni loco. Dominus sit cum omnibus vobis.

Salutatio finalis

7 Salutatio, mea manu Pauli: quod est signum in omni epistola, ita scribo. 18 Gratia Domini nostri Iesu Christi cum omnibus vobis. Amen.

第二編 倫理上すなわち種々の実用的教訓

第三章 祈らんことを願う 1 そのほか兄弟たちよ、われらのために祈れ、これ神の御言葉の汝らのうちにおけるごとく走り広まり、かつあがめられんため、2 また妨げとなる悪しき人々より、われらの救われんためなり。そは、いっさいの人みな信仰にあるにあらざればなり。

希望するところ 3 しかれども神は真実にてましませば、汝らを堅固ならしめ、かつ悪より守り給うべし。4 われらの命ずることを汝ら現に行ない将来も行なうべきは、われらが主によりて希望するところなり。5 願わくは主、汝らの心を神の愛とキリストの忍耐とに導き給わんことを。

いたずらに日を送る人を戒むべし 6 兄弟たちよ、われらはわが主イエズス・キリストのみ名によりて汝らに命ず、みだりに歩みてわれらより受けし伝えに従わざるすべての兄弟に遠ざかれ。7 いかにしてわれらを学ぶべきかは、もとより汝らの知るところなり、けだしわれらは汝らのうちにありてみだりに行なわず、8 また価なくして人のパンを食せず、かえって汝らの一人もわずらわさざらんために昼夜労苦して仕事をなせり。9 こは権利なかりしがゆえにあらず、おのれをもって型とし、汝らをしてわれらにならわしめんためなりき。10 けだしわれら汝らのうちにありし時、人もし働くことを否まば、また食すべからず、と命じたりき。

乱惰を譴責す 11 聞くところによれば、汝らのうちにはみだりに歩みて何の業をもなさず、立ちさまよう人あり、12 われらはかくのごとき人に、静かに働きておのれのパンを食せんことを、主イエズス・キリストによりて命じかつ

緊急なる勤め 13 兄弟たちよ、善業をなしてうむことなかれ。14 もしわれらが、この書簡の言葉に従わざる人あらば、これを認めて自ら恥じしめんために、これと交わることなかれ、15 されどこれを敵のごとくにせず、兄弟としていさめよ。

結末

祈祷 16 願わくは、平和の神いずこにおいても汝らに不朽の平和を賜い、主、汝ら一同とともにましまさんことを。

挨拶 17 われパウロ手ずから書して汝らによろしくと言う、すべての書簡においてこれを印章とすれば、わが書きしるすことかくのごとし。

祝祷 18 願わくは、わが主イエズス・キリストの恩寵、汝ら一同とともにあらんことを、アメン。

みこころネット(表紙)へ

作成日:2006/03/26

最終更新日:2006/03/28

メール:mikami@po.d-b.ne.jp

inserted by FC2 system